昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《7月21日配信開始》『ポケモンユナイト』が世界的流行になる可能性を秘めたゲームである“理由”とは

“ポケモン”が挑む「MOBA」の世界とは

2021/07/20

genre : エンタメ, 社会

 世界規模で人気のゲームジャンル「MOBA」(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)をご存知だろうか。特に中国や韓国で人気を誇るゲームではあるのだが、おそらくゲームに詳しい人以外にはあまり馴染みのないジャンルであり、同時に日本では流行していないものでもある。

©iStock.com

 しかし、とんでもないゲームジャンルであることは間違いない。アメリカのValveが開発した『Dota 2』は、2019年度の世界大会の賞金総額が約3400万ドル(約37億円)になるほど。あるいは、アメリカのライアットゲームズが開発した『リーグ・オブ・レジェンド』はユーザー人口が1億人を超えているうえ、日本でもプロリーグが存在する。まさしくプロもいれば観戦する人もたくさんおり、大きな盛り上がりを見せているゲームジャンルなのだ。

画像は任天堂公式サイトより

 ただし、前述のようにMOBAは日本ではあまり馴染みのないジャンルだ。スクウェア・エニックス、コナミ、セガなどいろいろな有名ゲームメーカーもこのジャンルに挑戦しているし、そこそこ人気のタイトルはあるようだが、残念ながら世界的人気にはとても及ばない。そんな最中、ついにポケモンがMOBAというジャンルに参戦する。それもかなりの本気で。

ポケモン×テンセントの超強力タッグによって生まれたゲーム

 これからポケモンが新たに展開するのは、『ポケモンユナイト』という作品だ。本作を開発しているのは、テンセントの子会社であるTiMi Studios。言うまでもなくテンセントは世界規模の巨大企業なうえ、『リーグ・オブ・レジェンド』のライアットゲームズなどを買収しておりゲーム業界にとっても重大な存在だ。TiMi Studiosは『王者栄耀』(日本版の名称は『伝説対決 -Arena of Valor-』)というMOBAも手掛けており、このゲームのユーザー登録数は2億人を突破しているほどである。

 つまり、『ポケモンユナイト』は「世界で人気のポケモン」、「世界的企業であるテンセント」、「MOBAという点において実力を持つ開発スタジオ」がタッグを組んで挑むゲームなわけで、正式リリースされる前からかなりの気合が入っていることがわかる作品なのだ。