昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

――まことお兄さんの「二の腕」、すごいですよね。筋トレはされているのでしょうか?

「体を動かす仕事なので、いつでもきちんと動けるように整えてはいます。でも、いわゆる腕立て伏せとかをしているわけではなくて、昔から体操をやっていたせいもあるでしょうし、あとはたまに逆立ちしたりとかですかね。でも、自分から筋肉をアピールしたいわけではないんですよ(笑)。演出さんの指示もありますしね」

注目される福尾の「二の腕」 番組公式YouTubeより

「自制の大変さより、多くの子どもに楽しんで欲しい想いの比重が大きい」

――少年時代はどんな番組が好きでしたか? 

「子どもの頃はヒーローものが好きでした。仮面ライダーとか、スーパー戦隊シリーズとかですね」

――お兄さんという立場上、タバコを吸ったりお酒を飲んだりすることはNGですか?

「タバコは吸いませんし、お酒も今はコロナ禍ですからね。コロナの前は、たしなむ程度にはお酒を飲むこともありました。成人ではありますから」

――生活のなかで自分をさらけだせないことが窮屈に感じませんか?

「大変なことはもちろんあります。出演者ならではの悩みもありますし、窮屈な部分もテレビに出ている人間には、少なからずあると思います。ただ、私にとっては、『教育番組にお兄さんとして出演し、子どもたちにエンターテイメントを届ける』という以上のものはないんです。自分への制限の大変さ以上に、1人でも多くの子どもたちに楽しんでもらいたいという想いの比重が大きい。

妻らしき女性と歩く福尾 Ⓒ文藝春秋 撮影・細田忠

「すみません、そこはお答えできません」

 だから、大変なこともありますけど、ありがたいですよね。感謝というか、一人でできることではないので。私を表に出してくれている裏方の皆さんも、一緒に出ている出演者の方もそうですし、これまで僕を育ててくれた方々もそうです。そういった人たちのおかげで、いまの私がステージに立たせてもらえていますから」

――まことお兄さん、昔からモテたのではないですか?

「モテるかモテないかはわからないですけど、僕自身は人が好きでした」

――そのなかで一緒にいて落ち着く、生涯の伴侶をみつけたということでしょうか?

「…(笑)。すみません、そこはお答えできません」

 最後まで、「体操のお兄さん」として“鉄の掟”を守り続けた福尾。終止、笑顔で記者の質問に応じてくれた“まことお兄さん”は、これからも子どもたちやママたちの心を癒していくに違いない。

7月16日(金)12時30分より放送の「文春オンラインTV」では担当記者が記事について詳しく解説します。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(26枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー