昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《 妻と“ドライブ蟹デート” 》NHK「おかあさんといっしょ」体操のまことお兄さんは2児のお父さんだった!「恋愛・結婚は禁止ですか?」と直撃してみたら…

「おかあさんといっしょ」(NHK・Eテレ)でお馴染みの“まことお兄さん”こと、福尾誠(29)が結婚していることが「文春オンライン」特集班の取材でわかった。お兄さんは2児の父親であり、家では“新米お父さん”として奮闘している。

「私たちのような子育て中の新米のママやパパにとって『おかあさんといっしょ』ほどありがたい番組はありません。いくらあやしても泣き止まない乳児も、朝なかなか起きない幼児も、『おかあさんといっしょ』が始まると、テレビに没頭する。番組がオンエア中の24分間は、束の間、育児から解放される。私の周りのママ友とも同じ感想をよく言い合います」(新米ママのAさん)

NHK「おかあさんといっしょ」 公式ホームページより

◆ ◆ ◆

体操のお兄さんが結婚し、お父さんに…?

 福尾は、2019年4月、小林よしひさ(40)からバトンを渡された「12代目たいそうのお兄さん」だ。番組の終盤に、秋元杏月(24)と共におこなわれる体操「からだ☆ダンダン」は子どもだけでなく、ママからも大人気だ。

「まことお兄さんといえば、イケメンかつ見事な筋肉美の持ち主で、特に腕の筋肉がセクシーだとママの間で人気です。子どもの頃から体操教室に通い16年間、体操選手として活動した。国体で優勝するなど、選手としても実績を残しています。彼の引き締まった二の腕が番組で露出されると、ツイッターで『まことお兄さん』がトレンド入りするほど。それでいて、番組のコーナーで描く絵があまりにも下手で、そこに『ギャップ萌え』するママも多くいます」(児童書編集者)

 また、福尾は学者としての顔も持っている。2014年に順天堂大学大学院に進み、「スポーツ健康科学研究科」で博士過程を修了。「体操選手の脳」について研究した。

「おかあさんといっしょ」12代目たいそうのお兄さんを務める福尾 公式ホームページより

 そんな福尾には、「たいそうのお兄さん」に就任した2019年当初から恋人がいた。当時、取材班のもとには「東京スカイツリー付近のある街で小柄な美女とデートをしていた」などの目撃情報が頻繁によせられていた。

「コロナ以前から、福尾さんは警戒してか、常にグレーのマスクに帽子で変装して、彼女と親しげに自宅付近を散策していましたよ。コンビニや駅周辺などで何度か見かけました。2人で仲良く自宅マンションに入っていく様子も何度も見ました」(近隣住民)

「おかあさんといっしょ」出演者への“厳格なルール”

 しかし、「おかあさんといっしょ」に出演する“お兄さん”や“お姉さん”には厳格 なルールが定められていると当時からいわれていた。前出の児童書編集者が語る。

「イメージを大切にしている番組だけに、お兄さん、お姉さんは他番組の出演は一切NG。プライベートでヒゲを生やすことや短パンを履くことすら禁止で、もしもの事故の可能性から自動車の運転や海外旅行に行くこともご法度だといわれている。過去には恋人と『路上キス』する瞬間を、写真誌に報道された後に急遽番組を“卒業”したお姉さんもおり、恋愛も制限されていたようだ」

 そんな中でひっそりと愛を育んでいたまことお兄さん。交際情報がもたらされてから2年が経ち、福尾が「結婚し、父親になった」という情報を取材班は入手した。福尾は都内近郊の某ベッドダウンにあるマンションのファミリータイプの部屋を、最近ローンで購入したという。同マンションを訪れると、駐車場には、福尾の愛車のBMWがあり、その後部座席にはベビーシートが2台設置されていた。