昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「私の方から発言するのはルール上できない」

――「文春オンライン」です。驚かせてすみません。

「こちらこそ、ありがとうございます。まさか自分に来るとは思いませんでした。すごいな、芸能人みたいだ」

直撃取材に応じる福尾 Ⓒ文藝春秋 撮影・細田忠

――まことお兄さんは結婚されて、お子さんも産まれ、お父さんになられたようで?

「それは、ちょっと自分からはお答えできなくて…申し訳ないです。私がどういう人物かはご存知だと思いますが、イメージというか。(「おかあさんといっしょ」は)局が母体となっているので、どうしても私のほうから何か発言するのはルール上できないといいますか…」

――お兄さんという立場上、変装しないと外で気軽に、奥様やお子さんとも遊べない?

「ちょっと、お答えできないです。すいません」

直撃取材に応じる福尾 Ⓒ文藝春秋 撮影・細田忠

――お兄さん、お姉さんの恋愛・結婚は禁止されているのでしょうか?

「それは現役の私の口からは何もいえないので、全てそういう部分はNHKを通して頂ければ。やはり歴史もあるものなので」

――(今日穿いている)短パンは禁止ですか?

「あ、それは大丈夫です(笑)」

――車の運転は?

「運転も大丈夫です、あれ? コレ言っていいのかな…別に禁止ではないです。いろいろな噂がとびかっていると思うんですけど、それも含めてNHKに問い合わせてください」

直撃取材に応じる福尾 Ⓒ文藝春秋 撮影・細田忠

「家でも準備はしています(笑)」

――“お兄さん”が“お父さん”になったと公表しても、お父さんの育児参加が求められる今の時代では、問題ないというか、むしろ歓迎されると思うのですが。

「本当にすいません、私の口からは」

――自宅でも「からだ☆ダンダン」や「あ・そ・ぎゅ~」(※福尾が担当するコーナーの親子体操)をしたりしますか?

「あの…それはもちろん、エンターテイメントを提供する立場としては家でも準備はしています(笑)」

「せっかく来ていただいたので、対応できるところは対応します」

 同日、NHKに質問状を送ると以下の回答があった。

「出演者のプライベートについては公表しておりません。(出演者の恋愛に関しても)禁止しておりません。車の運転については、十分注意していただくようお願いをしています」

直撃取材に応じる福尾 Ⓒ文藝春秋 撮影・細田忠

 福尾は自身の立場を考えながらも、精一杯取材に応じてくれた。

「せっかく来ていただいたので、対応できるところは対応します」と答え、その後の取材は1時間に及んだ。#2ではその直撃インタビューの様子を詳述する。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(25枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー