昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「芸能界を辞めようと思っていました」人気絶頂でレギュラー降板…加藤晴彦が初めて明かす“20年前の真相”

加藤晴彦さんインタビュー #2

2021/10/09

 デビュー直後からドラマにバラエティにと、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍していた加藤晴彦さん(46)。社会現象にもなった『神様、もう少しだけ』や、恋愛バラエティ『あいのり』など、今でも“伝説”と称される番組にも多数出演されていましたが、そんな人気絶頂の最中、あるときを境に表舞台から加藤さんの露出は減っていきました。その裏では、一体何が起きていたのか。加藤さんに“20年前の真相”を聞きました。(全3回の2回目/#3へ続く

加藤晴彦さん

◆ ◆ ◆

20代の頃は芸能界を辞めようと思っていた

――加藤さんと言えば、やはり『アルペン』のCMを真っ先に思い出す方も多いと思います。1996年から2015年まで出演されていましたが、反響は凄かったですか。

加藤晴彦さん(以下、加藤) 衝撃でしたね。広瀬香美さんの歌と僕の映像が流れると、「冬だね」となっていたのは、自分から見ても間違いないなと思います。僕自身もあのCMのファンでしたし。20年くらいやらせてもらいましたが、インパクトはやっぱり大きかったです。

――それにしても、デビュー直後から次々とドラマやCM、映画に出演されていて、特に20代はかなり多忙だったんじゃないでしょうか。

加藤 今思い出してもハードでした。実はそのこともあって、20代中盤、後半くらいのときには、もう完全に芸能界を辞めようと思っていたんです。当時はレギュラーが7本あって、ほぼ毎クール連ドラも入っていて、その合間に映画を撮ってという生活で……。周りからは「いいね」と言ってもらっていたんですけど、僕の中では確実に何かが削られていく感じがあって。

――異様な忙しさの中で、精神的に追い詰められるところも?

加藤 うーん。辛いと言うと、当時一緒にお仕事をしていた方もいるし、お世話になった方もたくさんいるし、現場が楽しかったのも確かなので、それとは別個としてお話ししますけど……やっぱり辛かったですね。その頃は過労で斑点ができたりして、自分でも「えっ?」ってなったり。

 

「ちょっとごめん。家に戻してくれ!」

 当時のことで今でも覚えているのは……2003年に『トレジャー・プラネット』というディズニー映画で、僕が主役の声をやらせていただいたんですね。その日は、スタジオに入ってその声の収録と、あとは他に取材が3件くらいあったのかな。それで、マネージャーさんがいつも通り家まで迎えに来てくれて、車に乗ったんですけど、なんか生きた心地がしないというか……気持ちが落ち着かなくて、記憶も朝から飛び飛びだったんですよ。

 それでちょっと車が走り出したら、精神的にいっぱいいっぱいになってきちゃって。気づいたら、「ちょっとごめん。家に戻してくれー!」って言っていたんです。でも、マネージャーさんはこっちの事情は知らないから、「またー、そんなこと言って」と返されてしまって。そこで全てが一気に辛くなってきて、「もう待ってくれ!」って訴えて、家に戻ったんです。それで、そのまま布団を被ったら、涙がブワァーと出てきちゃって……。

――なぜ泣いているのかは、自分でも……。

加藤 わからないです。でも、そこで事務所から電話があって、早く仕事に行くように急かされたりして、なおさら「なんだ、これ」みたいになって。そういうことがあったので、偉そうなことを言える立場じゃないんですが、どうしても仕事をセーブさせてもらいたくて、こちらからお願いして番組を辞めさせてもらうこともありました。