昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《現場写真多数》五輪開会式後の夜の都内はどうなった? 新宿・歌舞伎町は変化なしの喧噪、渋谷・千駄ヶ谷ではついに警察が出動…“祭りの後”の現場ルポ

五輪開会式ルポ #2

 コロナ禍の中で、なんとか行われた東京五輪の開会式。直前の担当者の辞任ドミノの影響もあってか、いつもの五輪よりは簡素な式のように感じられた。一方で、式典の後には各地で意外な“盛り上がり”が佳境を迎えていた。

開会式が終わり、静けさを取り戻した新国立 ©文藝春秋/上田康太郎

◆◆◆

五輪開会式でも変わらぬ歌舞伎町の“マイペース”

 深夜2時。開会式が幕を閉じてから約2時間後の新宿・歌舞伎町の夜は、普段の週末と何もかわらずこの日もカオスだった。ゴジラビル周辺の広場や路上では若者たちが地べたに座り込んでいた。ナンパやキャッチ、路上飲みもいたるところでおこなわれている。今が緊急事態宣言中ということなど、当に忘れているようだった。

五輪の喧騒など嘘のような新宿・歌舞伎町 ©文藝春秋/上田康太郎

「開会式なんてみないスよ。興味ないし…その時間仕事なんで」

 そう語るのは20代のホスト男性だ。 

©文藝春秋/上田康太郎

 また、20代の女性会社員もこんな風に嘯く。

「オリンピックのバスケの試合が当たっていたんだけど、無観客になって興味をなくしました。今日は歌舞伎町で夜のオリンピック」

©文藝春秋/上田康太郎

 “世紀の祭典”だったはずの五輪について、ストレートな意見をくれたのは20代の男性会社員だ。

「サッカーは好きだから観たんすけど、開会式は“パッとしない”からいいかなーって…ちょっとだけ観て友達と合流しました」

酔っぱらって路上で寝る人も… ©文藝春秋/上田康太郎
ある意味、通常運転の歌舞伎町 ©文藝春秋/上田康太郎