昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《立川メッタ刺し殺傷》“人妻を夜這いする”風俗で19歳少年はなぜ犯行に及んだのか「アイマスクで無防備な状態にも…」――2021上半期BEST5

genre : ニュース, 社会

2021年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。事件部門の第3位は、こちら!(初公開日 2021年6月2日)。

*  *  *

 6月1日の15時45分頃、東京都立川市のホテルで、派遣型風俗店に勤務している31歳の女性従業員と25歳の男性従業員が包丁で刺される事件が起きた。

 男性従業員が「刺された。助けて」と119番通報し、駆けつけた救急隊によって2人とも病院に搬送されたが、女性は搬送中に死亡が確認された。男性は意識不明の状態が続いているという。そして翌6月2日、事件の容疑者として東京都あきるの市に住む19歳の少年が逮捕された。

女性と男性従業員が刺された事件現場のホテル Ⓒ文藝春秋/撮影・宮崎慎之輔

 事件現場は、立川駅から徒歩5分ほどの繁華街にあるホテルの一室。少年が待つホテルに女性従業員が入室すると、すぐに事件は起きた。

「少年と被害女性に面識はなく、店の利用も初めてだった。女性は少年の待つ部屋に入って間もなく店に助けを求める電話をかけたが、10分も経たないうちに少年に襲われてしまった。少年は刃渡り20センチほどの包丁で女性を70カ所もメッタ刺しにし、さらに電話を受けて駆けつけた男性従業員の腹部を深く刺して逃走した。女性は下着だけの状態でベッドの脇に倒れた状態で発見された。

 少年は警察の取り調べに『人を殺す動画を見て刺激を受け、無理心中を撮影しようと思ったが、女性に断られケンカになった』と供述しているようだ」(社会部記者)

被害女性が働いていた“人妻夜這い”がコンセプトの派遣型風俗店「X」

「人妻を夜這いする」というコンセプトの店

 被害女性が働いていたのは、「人妻を夜這いする」というコンセプトの派遣型風俗店「X」。事件後、「X」のホームページは閉鎖され現在は営業を中止している。「X」の関係者が匿名を条件にその内情を語る。

「“夜這い”を売りにした風俗は近年人気で店舗も増えていますが、『X』は10年以上前からある老舗。“人妻”とうたってはいるが実際に働いている女性の中で既婚者は少数で、30代前後の離婚歴がある女性やシングルマザーの女性が多い。

「X」の事務所が入っていた雑居ビル Ⓒ文藝春秋/撮影・宮崎慎之輔

 システムとしては、ホテル近くの雑居ビルで受付をして女の子を選び、ホテルへ案内されるというもの。“夜這い”のリアリティを出すためにサービスの流れも凝っていて、男性が先にホテルへ入室し、女の子が到着したらドアを細く開けて顔を見ずに鍵を渡す。そして男性が1人でシャワーを浴びている間に、女の子は全裸やシャツ1枚など指定された服装に着替えて、アイマスクをしてベッドに横たわる。男性がシャワーを終えると、部屋には無防備な女の子がいるので“夜這い”する、という流れ。無料オプションの手枷などもあり、会話をしなくていいのも人気の理由だ」