昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「16歳の頃に初デリヘル」立川メッタ刺し殺傷 19歳少年が起こしていた職場での“金銭トラブル”

genre : ニュース, 社会

 6月1日の15時45分頃、東京都立川市のホテルで、派遣型風俗店に勤務する31歳の女性従業員と25歳の男性従業員が包丁で刺される事件が起きた。女性は搬送中に死亡が確認された。男性は意識不明の状態が続いている。翌6月2日、警察は事件の容疑者として東京都あきる野市の19歳の少年を逮捕した。

防犯カメラがとらえた少年の姿

初対面の女性を70カ所メッタ刺し

「少年と被害女性に面識はなく、店の利用も初めてだった。女性は少年の待つ部屋に入って間もなく店に助けを求める電話をかけたが、10分も経たないうちに少年に襲われてしまった。少年は刃渡り20センチほどの包丁で女性を70カ所もメッタ刺しにし、さらに電話を受けて駆けつけた男性従業員の腹部を深く刺して逃走した。女性は下着だけの状態でベッドの脇に倒れた状態で発見された。

 少年は警察の取り調べに『人を殺す動画を見て刺激を受け、無理心中を撮影しようと思ったが、女性に断られケンカになった』と供述しているようだ」(社会部記者)

事件現場となったホテル Ⓒ文藝春秋/撮影・宮崎慎之輔

 被害女性を知る近隣住民は動揺を隠せない。

「犬を連れておばあちゃんのお墓参りをしている姿をよく見かけました。お父さんは元々校長先生をやっていて、お母さんも教職関係でとても立派なお家。友達にも慕われてあんなに明るかった彼女が亡くなってしまったなんて信じられません……」

女性が勤務していた風俗店の受付が入ったビル

 19歳の少年は、いかにして凄惨な事件を起こすに至ったのだろうか。