昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「もっといいの。あげる」ベンツで女性をひき殺した“川崎の偽セレブ女” 元夫が初告白《明大生時代からの乱倫と薬物依存》――2021上半期BEST5

genre : ニュース, 社会

2021年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。裁判部門の第3位は、こちら!(初公開日 2021年4月1日)。

*  *  *

「1人の命が失われる重大な事故を起こしたと聞いて、本当に驚きました。短い間ですが真理紗と結婚までして一緒に生活した人間として、彼女と薬物の関係は思い当たるフシがありすぎます。それに、引き起こした結果に対して5年という刑期はあまりにも軽すぎる。このような悲劇を二度と起こさないためにも、本人の更生のためにも、私が知っていることはすべて話したいと思います」

中川真理紗被告 Aさん提供

 こう話すのは、自動車運転処罰法違反、覚醒剤取締法違反などの罪に問われ、3月15日に、東京地裁から懲役5年の判決を言い渡された中川真理紗被告(32)の元夫であるAさんだ。

 中川は、昨年5月20日に東京都大田区で警察の職務質問を振り切って車を発進させ、時速121キロメートルで道路脇に突っ込み、歩道にいた高橋悠さん(当時34)をはねて死亡させた。近くのマンションに逃げ込んだところを逮捕され、その後の尿検査で覚醒剤が検出された。

親への報告もなく結婚

 Aさんと中川被告が出会うきっかけは、「mixi」だった。2009年末に知り合ってすぐに意気投合し交際に発展、半年もたたない2010年2月1日には入籍している。

「当時、私は『mixi』の日記に自作の詩を公開していたんですが、それに真理紗がメッセージを送ってきたんです。当時の真理紗は明治大学の大学生でした。容姿に一目惚れしたということもありましたが、彼女の頭がキレるところや文才にも惹かれました。正式に告白した記憶はないのですがすぐに交際を始めて、何回めかの食事で勢いでプロポーズをしたらまさかのオッケー。2人で盛り上がって婚姻届を出して、相手の親御さんへの報告は事後報告でした。真理紗の家はお父さんが早くに亡くなっていて母子家庭。挨拶に行った時は『勝手にしなさい』と投げやりな反応で、あまり親子関係がよくはないのかなと思いました。それでも真理紗の実家から近い川崎でアパートを借りて一緒に暮らすようになりました」

事故を起こしたものとみられるベンツ 中川被告のFacebookより

 Aさんと結婚したのは、中川被告が後に悲惨な事故を起こすことになる自動車の免許を取った直後のことだった。