昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「がむしゃらな努力は嫌いなんです」10ヶ月で48キロ減、クイズ王・古川洋平が語る“効率的すぎる”ダイエット術――2021上半期BEST5

古川洋平さんインタビュー #1

2021/09/06

2021年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。インタビュー部門の第2位は、こちら!(初公開日 2021年3月8日)。

*  *  *

 人気クイズ作家の古川洋平さんが10ヶ月で48キロの減量を達成。ダイエット大成功の秘訣を探ると、クイズ王ならではの緻密な理論にもとづく戦略が見えてきた。

『リングフィット アドベンチャー』から16時間ファスティング、停滞期の意外な「切り札」まで――「がむしゃらな努力」や「無駄に過ぎる時間」が嫌いだと公言する古川さんの “効率的すぎる”ダイエット法を聞いた。(前後編の前編/後編を読む)

古川洋平さん ©山元茂樹/文藝春秋

痩せようと思い立った理由

――我々が知っていた古川さんの面影がまったくないですね……。

古川 10ヶ月で48キロ減量して、112キロから64キロになりました。

――そこまで痩せようと思い立った理由を教えて下さい。

古川 大きな理由がふたつありまして。ひとつは、お医者さんからNintendo Switchの『リングフィット アドベンチャー』を勧められたことですね。

 20代に入ってから10年以上にわたって体重100キロを超えていたんですけど、長いことそうだと健康診断の結果や、医者の先生に言われることが決まってくる。中性脂肪や尿酸の値が高くて、「バランスの良い食事を心掛けて、運動もしましょう」と言われるんですよね。去年1月の健康診断の際も、そのようなことを言われました。

2017年に「文春オンライン」に登場した際の古川さん ©鈴木七絵/文藝春秋

 僕は中学時代にバスケットボールをやっていて、その3年間だけは人生で唯一痩せていた。なんで3年もやれたかというと、バスケは勝敗の懸かったゲームだから楽しかったんです。大人になってからやってみたランニングや筋トレは、ゲーム性が無くてまったく続かなかった。

 というわけで、先生に「僕はゲーム性のある運動じゃないとできないので『してね』と言われてもできない」と正直に話したら、「それじゃあ『リングフィット アドベンチャー』を買いましょう」と言われたんです。