昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/08/17

 読売新聞の「東京五輪・パラ 語る」というインタビュー企画。その第1回に安倍晋三前首相が登場。「1年延期」を決めた理由を次のように語っていた。

安倍晋三 ©文藝春秋

《2年延期論や中止論も取り沙汰された中で、日本は新型コロナに伴う緊急事態宣言などで、感染者数や重症者数を相当少なく抑え込むことが出来るだろうと判断し、「1年延期すれば何とかなる」と開催を決めました。》(7月30日)

 あれ…? 

昨年の新聞を読み返してみると…

「1年延期」を伝える昨年3月25日の新聞一面を見てみよう。

《首相は「今後、人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証しとして、完全な形で東京五輪・パラリンピックを開催するためにIOCと緊密に連携していく」と訴えた。》(日本経済新聞)

 では「2年延期」ではなく「1年」の根拠とは?

 昨年、森喜朗氏がこんな証言をしていた。『森会長が語る舞台裏 「なぜ1年」問われ首相は断言した』から抜粋する(朝日新聞デジタル2020年4月1日)。

 森氏は安倍氏に「2年延ばした方がいいのではないですか」と言ったが、

《安倍首相は「日本の技術力は落ちていない。ワクチンができる。大丈夫です」と応じたという。》(同)