昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

Tinderで出会って4年不倫「合コンに行くな」と束縛する既婚者との関係

『悪いのはあなたです』のふせでぃが直撃インタビュー(後編)

2021/08/30

source : 文春コミック

genre : ライフ, ライフスタイル, 読書

 現在、文春オンラインで好評連載中で「登場人物全員アウト!」「ワンチャン相手怖すぎ……」と言われ話題の“不倫サスペンス”漫画『悪いのはあなたです』(ふせでぃ著)。アラサー派遣社員の主人公・莉子が、ある日ふとしたきっかけで、ハイスペックなイケメン既婚者・ツトムと不倫をしてしまう……というストーリーだ。第1話を読むにはこちらから。

 本作の著者・ふせでぃが、主人公・莉子と同じアラサー女子であり、現在進行形で不倫中の一般女性に直撃インタビューを敢行。結婚適齢期を迎えた女性のリアルな「不倫事情」とは? 今回は後編。前編を読むにはこちら

美奈さん(仮名)・30歳  関東在住・大手百貨店営業職

現在、奥さんと2人の子どもを持つ既婚男性Aさんと不倫中。Aさんは某大手車メーカー開発職の西島秀俊似の38歳。月に1回ほど密会し、現在も関係を続けている。

寝取りたい願望強め“ギラギラタイプ”の不倫女性は意外にいない?

ふせでぃ Aさん夫婦はセックスレスなんですね。しかも、外泊してもOKだなんて、Aさんの家庭はどんな感じなんでしょうか?

美奈 奥さんとの関係は悪そうですね。話を聞いている限りでは“仮面夫婦”のようではあります。子どもを育てるために、夫婦を続けているような形で、何度も離婚の話は出ているようなんです。

ふせでぃ でも、それって本当だと思いますか……? 実は今回の漫画の中でも、同じようなシーンが出てくるんです。莉子がツトムさんを疑う場面で……(笑)。正直、離婚話とか仲が悪いって、相手から一方的に状況説明されているだけで、現実には確かめる術がないだろうな、と思って。

オンラインでインタビュー中の美奈さん(左)とふせでぃさん(右)。

 

美奈 その通りだと思います。最初の頃は、どうせ決まり文句でしょって思っていましたし、夫婦関係の話は話半分で聞いていました。でも、いままで関係が続いていて話を掘っていくうちに「ああ、本当に冷め切った家庭なんだな」と分かりました。休日は、どちらか一方が子どもを連れ出して一緒には出掛けないし、それぞれの実家にも別々で帰るそう。離婚やお金の話で揉めた後に会ったときは、今にも死にそうな顔をしていて驚きました。

ふせでぃ 確かに、それは嘘ではなさそうですね。でも、逆にそんな関係だったら、押しに押せばすぐ離婚しそうだし、略奪もできちゃうんじゃないですか?(笑)

美奈 いや~そこは自分の手をあまり汚したくないというか(笑)。私が直接的な離婚原因になってしまうのは避けたいんですよね。強引に略奪しても、晴れやかな気分になれそうにないので。それに、押しまくったことで、もし、奥さん側に証拠をつかまれて、慰謝料を請求されるのも嫌ですし。

ふせでぃ なかなか複雑な思いがあるんですね。私の中で、不倫中の女性ってみんなギラギラしていて「絶対寝取ってやる!」って気持ちが強い方ばかりなんだと思っていました。

美奈 私もそう思っていました。でも実際には“ギラギラタイプ”はそこまで多くないんじゃないかとは思います。たしかに、寝取るためのガッツが強めの方も“何が悪いの?”って顔で平気で不倫している方もいますが、私はどちらかというと冷静なタイプではあると思います。

「悪いのはあなたです」より。主人公の莉子はギラギラタイプ ではないものの…。©文藝春秋