昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《白金高輪硫酸事件》「3次元の女には興味がない」高校時代の親友が知る容疑者の素顔 文化祭ではたった1人で千本桜の“ヲタ芸”を披露

genre : ニュース, 社会

「ニュースで顔と名前が公開された時は唖然としました、あの花森だって。農学部の彼だったら知識を持っている分、硫酸の怖さは誰よりも分かっているはずなのに」

 ショックを隠せない様子でこう話すのは、8月24日に東京・白金高輪駅で不動産会社に勤める会社員男性Aさん(22)に硫酸をかけた傷害容疑で逮捕された大学生・花森弘卓(25)容疑者の高校時代の同級生だ。

花森弘卓容疑者 ©文藝春秋 撮影・上田康太郎

 30日午前8時すぎ、上下グレーのスウェットで高輪警察署から姿を現した花森は大勢の報道陣に囲まれながら検察庁に身柄を送致された。被害者は琉球大学時代の映画サークルに属していた花森の後輩だった。

「花森容疑者は大学時代に後輩の男性の態度が悪かったという趣旨の供述をしていて、被害を受けた男性も、以前にため口を使ったことでトラブルになったことがあると説明しています。沖縄県内の潜伏先は、学生時代に行きつけだった飲食店の店主に紹介された年下男性宅でした。今年4月にも花森容疑者は沖縄を訪れていて、その男性と一緒に昆虫を見にいったようです」(捜査関係者)

高校時代の花森容疑者

高校1年で留年、「うるせぇ」と怒鳴ることも

 静岡県静岡市で育った花森は、地元の小中を卒業した後に入学した県内の私立高校で、1年生時に留年している。前出の同級生は花森の「2回目の1年生」で一緒になり、卒業まで3年間の学生生活を共にした。

「僕たちが高校に入学した年に、花森が2年生に上がれずに同じクラスになりました。留年の理由は聞いたことはありませんが、すぐクラスにも溶け込んでいました。年上ということをあまり感じさせず、年下のクラスメイトたちからも『花森』と普通に呼び捨てでした。どちらかと言うといじられキャラで、たまにいじりがエスカレートした時は『うるせぇ!』とか怒鳴ることもありましたけど、それ以上のトラブルも覚えていません」

 友人もでき、高校時代の花森は充実した生活を送っていたようだ。

「学校終わりにゲーセンで太鼓の達人をやったり、昼休みにバスケをして遊んだり、ちょっと変わっているけど普通のおとなしいやつという印象でした。だから高3で生徒会に立候補して役員になった時は驚きましたよ」