昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「柔軟剤」は逆効果? 洗った衣類が臭うときに“増やすべきもの”と洗濯機掃除のポイント《洗濯王子が直伝》

2021/09/03

 洗濯家の中村祐一さんは、長野県伊那市のクリーニング会社「芳洗舎」の三代目。“洗濯から考える、よりよい暮らし方”を提案し、「洗濯王子」の愛称で親しまれています。今回は洗濯機を掃除する際のポイントを解説していただきました。

◆◆◆

 先日、何気なくYouTubeを見ていると、洗濯機を掃除する動画に目がとまりました。家庭にあるもので手軽に掃除ができるといった内容の動画で、とてもわかりやすく僕も「へぇ~」と思う内容。再生回数も100万回を超えていました。その他の洗濯機の掃除の動画も軒並み何万回も再生されているのが印象的でした。

「洗濯王子」の愛称で親しまれる中村祐一さん ©中村祐一

 これだけ洗濯機の掃除に関する動画が再生されているということは、自分の家の洗濯機が汚れていると感じている人が多いということなのでしょう。

洗濯機を清潔に保つ方法は?

 僕自身も洗濯に関するアドバイスをしていると、「どう掃除すればいいのか」「どのくらいのタイミングですればいいのか」など、聞かれることがとても多いです。

 確かに、洗濯槽を定期的にキレイにすることは大事です。ですが、洗濯機が汚い、変なニオイがするという問題が頻繁に起こる場合、そもそも洗濯そのものができていない、要するに「衣類がちゃんと洗えていない」可能性が高いと思っています。

 近年は、洗濯する際に過剰に節水を求められるため、すすぎ不足になり、洗剤や汚れが衣類に残りがちです。そうすると洗い上がった後、嫌なニオイがするので、柔軟剤を使って必要以上に香りをつけてしまう。そういう環境だと当然、洗濯機自体も汚れます。

 そんな状態で洗濯機のお手入れを繰り返しても対症療法に過ぎず、すぐに汚れや嫌なニオイがぶり返してしまう。だからこそ、洗濯そのもののやり方を改善する必要があると思います。そうすることで、洗濯機も衣類もキレイな状態をキープしやすくなるはずです。