昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「キャッチャーのミットの音でわかるんですよ」

 普通のカープファンですら知らないようなコアな情報も教えてくれるアブディンさん。見ることはできないが、球場にも何度も足を運んでいる。

「球場では音で野球観戦をします。その日のピッチャーの様子がキャッチャーのミットの音でわかるんですよ。今日は球が走ってないなとか(笑)」

 音で試合が見えているというアブディンさん。以前見た試合では薮田投手の音が素晴らしかったとのこと。アブディンさんの話を聞いていると、野球の奥深さと今まで気づくことのなかった楽しみ方が見えてくる。

 現在は大学客員教授を経て、参天製薬に勤務するアブディンさん。奥様と3人のお子様に囲まれ幸せに暮らしている。カープ戦のラジオを聴いていると、家族を忘れるほど没頭しすぎて体を揺すられるまで気づかないのだとか。

 今季のカープについて尋ねるとこんな返事が。

「最近は我らがよく知るカープに戻りましたね。正直いうとちょっとホッとしているところです。これじゃいかんやろうと思いつつ」

 まさに昔から見ていたオールドファン。今季4位に甘んじているカープにやきもきしながら、今日もアブディンさんはラジオを聞いている。

 今度球場に行った時は目を瞑って音だけを楽しんでみるのもいいかもしれない。野球の、カープの楽しみ方は無限なのだ。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/48960 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(2枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー

文春野球コラム

広島東洋カープの記事一覧