昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「すごく可愛いし、飼いたくなったけど...」保護猫の譲渡会で20代イラストレーターが感じたこと

作者・フナカワさんと一緒に振り返る「あざらし、猫をかう。」

2021/10/12

source : 文春コミック

genre : エンタメ, 読書, ライフスタイル

 小さい頃から猫と生活を共にしてきた、イラストレーター・マンガ家のフナカワさん。ノラ猫に話しかけようとしたら通行人に見られてちょっと恥ずかしい気持ちになったり、台風が近づくと近所の猫たちの身を案じたり……Twitterに日頃投稿しているマンガからも、フナカワさんの「猫好き」が伝わってきます。

 

 3月から9月まで「文春オンライン」で連載していた「あざらし、猫をかう。」は、フナカワさんが現在一緒に住んでいる猫たちと出会い、暮らすまでの経緯を、ゆるく綴っています。第1話を読むにはこちら

 けれど、このマンガに描いているのはあくまで実際に経験した出来事の一部だけ。

 第1話~第3話を振り返りつつ、マンガでは描ききれなかった「保護猫」事情についてフナカワさんに聞いてみました。

紹介文がやたら個性的な保護猫もいる

 物心がついた時から猫と暮らしてきたフナカワさん。親元を離れて自立し、「また猫を飼いたい」と思ったきっかけは保護猫サイトでした。

フナカワ 保護猫のオーナーさんも色々なサイトに猫の写真を載せているので、「この子、別のサイトでも見たな?」と思うことがよくありました。沢山の猫がいる中で、紹介文が光っている子は特に印象に残ります。きっとオーナーさんが書いているんだと思います(笑)。「小柄だけどよく食べる!」とか「本当に幸せを掴みたい●●ちゃん」とか書いてあると、会ってみたくなります。