昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/11/02

「今は命令口調なんか受け入れられないわよ」と言ってみたところで、夫にしてみれば、昔からこれでやってきたじゃないか、どうして今さらダメなんだと、ギョッとするか、あるいは「命令口調なんかで話しているつもりはないぞ」と戸惑うかもしれません。ですから、それとなく観測気球を上げてみませんか。

「今の学校は、小学1年生からお互いに『さんづけ』『ですます』で話すように教えられるんですって」「お互いに敬語で話す夫婦っていいわね」などと話してみて、様子をうかがうのです。果たして夫は「だったらウチもそうするか」となるか、「オレはそういうのは馴染まないぞっ」となるか。しばらく観察を続けてみましょう。

©iStock.com

 あなたはこれからも夫と折り合いをつけてやっていきたいと思っているのですね。もしかしたら夫には今まで、命令口調でなければいけなかったという事情もあったのかもしれません。理系の強みを活かして、その辺りのこともぜひ観察してみてください。静かに二人で過ごすというより、夫を観察対象にして遊ぶようなつもりで。

 ところで、社会は変化したとはいえ、ジェンダーギャップの解消には、もうしばらくかかるでしょうね。男女間の賃金格差は縮小しつつあるとはいえ、日本の女性の賃金水準は、まだ男性の約74.4%(2020年)です。G7のなかでは最も格差が大きいんですね。

 アメリカでは今回女性初の副大統領となったカマラ・ハリスと、2007年に女性初の下院議長となったナンシー・ペロシが並んで立ち、女性2人が並ぶのは史上初だと騒いでいます。進んでいるように見えるかもしれませんが、副大統領も下院議長も、いつも男性の大統領の後ろに控えています。あくまでも補佐役なんです。まだ女性が大統領になったわけではないのに、ドヤ顔しているのはいかがなものでしょうか。

◆ ◆ ◆

※最新回は発売中の「週刊文春WOMAN 2021年 秋号」に掲載中です。

中野信子さんにあなたのお悩みを相談しませんか?​​
みなさまのお悩みを woman@bunshun.co.jp(件名を「中野信子人生相談」に)もしくは〒102-8008 東京都千代田区紀尾井町3-23「週刊文春WOMAN」編集部「中野信子の人生相談」係までお寄せください。匿名でもかまいませんが、「年齢・性別・職業・配偶者の有無」をお書き添えください。

text:Atsuko Komine

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春WOMANをフォロー
z