昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「酔っぱらって歯も磨かず顔も洗わずに寝るのは至福」 “ただれた生活”を送るマンガ家、川尻こだまの敬語で話す“意外な”素顔

川尻こだまさんインタビュー#1

2021/11/05

 Twitterでお酒や食べ物などの「ただれた生活」を投稿している川尻こだまさん。フォロワー数は30万超え、Kindleで無料公開している、まとめ本『川尻こだまのただれた生活』は「次にくるマンガ大賞2021」のWebマンガ部門でも11位にランクインした。11月5日にはフルカラー、描き下ろしコラムを追加した豪華単行本『あたしゃ川尻こだまだよ』がKADOKAWAから発売される。川尻さんの、「ただれた生活」の人気の理由とは──?(全2回の1回目。2回目を読む)

「川尻こだまのただれた生活」がタイトルになるまで

──Twitterに投稿されているマンガが大人気です。書籍化・アニメ化も決まったそうですね。

川尻こだま(以下、川尻) 高い志をもって始めたわけでもなんでもなく、「日常をマンガにしてTwitterに投稿している人が結構いるので、私もやってみよっ」というノリで始めただけなのに、たくさんの方に読んでいただけて嬉しいです。

※写真はイメージ ©iStock.com

──「川尻こだまのただれた生活」というインパクトの強いタイトルはどうお決めになったのですか?

川尻 Kindleでまとめ本を出そうと思った時に、タイトルと表紙が必要だったので、いちばんわかりやすくて、ほかでは見かけないタイトルにしようと思って自分で考えました。

 最後まで迷ったのは、『こだまのグルメ』と、『酒と油と川尻こだま』でしたが、どちらも食に偏りすぎている気がして……。「仕事があるのに寝ちゃった」とか、「筋トレしすぎて疲れて寝た」みたいな話も多かったことから、「川尻こだまのただれた生活」に決めました。結果的に「次にくるマンガ大賞2021」にエントリーしていただけて、アニメ化や単行本化のお話にもつながったので、このタイトルにしてよかったなと思います。