昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

スワローズの未来を託せるか 独立リーグ出身、育成ドラフト1位の岩田幸宏が見る夢

文春野球コラム 日本シリーズ2021

2021/11/25

 初めてかぶったスワローズキャップのサイズは56。しかし普段は55cmだという。小顔。すらりとした体形で、スーツも板についているのは社会人の経験故か。

ヤクルトとの契約後、会見に臨んだ育成ドラフト1位の岩田幸宏 ©HISATO

 東京ヤクルトスワローズ入団交渉後の記者会見で、岩田幸宏は自分のタオルと傘を手に持ち、「一員になれたかな」と喜びを表現した。

目標とする選手は「青木宣親さん」。つば九郎に会えるのを待ちかねて

 目標とする選手は「青木宣親さん。バッティングの技術について聞いてみたい」。新人へのイジりが予想されるつば九郎については、「僕はいじられる方が合ってる」と会える日を楽しみにしている。

 東京ヤクルトスワローズから育成1位でドラフト指名を受けた岩田幸宏外野手(24歳)。東洋大姫路高卒業後、ミキハウス野球部を経てルートインBCリーグ信濃グランセローズに入団した。

 売りは走攻守の三拍子。「2年だけ」と決めた独立リーグで、2年目に花を咲かせ、夢を叶えた。

独特のバッティングルーティン

 独特のバッティングルーティンがある。深い股割からゆっくりとバッターボックスの一番前へ。まずはくるりと投手に背を向けてしまう。ランナーを確認する仕草。二歩距離を取り、構える。打席でも頻繁に投手に背を向ける。

 

「股関節を意識したいのと、焦って打席に入りたくないので。今はそうなりましたが、他にいい方法があれば変えていきます」

 こだわりではなく、それが岩田の自然体だ。

 兄と姉のいる末っ子で、BC信濃に入団したとき、同じく末っ子の飯島泰臣会長と広報スタッフからは、「末っ子倶楽部」入会認定を受けたという。

末っ子気質でイジられ役

「いや……僕は入ったつもりはないんですけど(笑)。いじられてるだけです」

 そこが末っ子気質なのだろう。年上の人と接するのは「楽」らしい。人懐こさと元気なプレイスタイルで、ファンやスポンサー、地元メディアからも親しまれた。

 NPBドラフトで指名を受けた時は、電話で兄に「自慢の弟や」と初めて褒めてもらって胸を熱くした。「それが一番嬉しかったです」と破顔する。

 4つ上の兄の背中を見て育ってきた岩田に、兄は大きな存在だった。野球の上手い兄は高校で野球を辞めたが、弟は野球に打ち込む道を選ぶ。

 社会人ミキハウスに進んだ後、同僚だった山崎悠生(元BC群馬・BC信濃)さんに勧められてBCリーグの門を叩いた。NPBに行くためには、BCリーグでスカウトの目に留まるのが早道だと考えた。

 BCリーグの1年目、足が速い分「当てに行ってしまうバッティングだった」という岩田に、南渕時高野手総合コーチ(元ロッテほか)は、「振る」バッティングをイチから叩き込んだ。

「自分が納得すれば言うことを聞く」

「バットを振るとはどういうことかを教えてもらいました。2年間こういう成績を残せたのはあの方のおかげです。疑問に思ったり、それをブチさんから言われて言い返すこともありますが、自分が納得すれば言うことを聞きます。言い返せる雰囲気を作ってくれるので。疑問に思ったことは何でも言えます」

 指揮官も当てにいくバッティングをすると、ヒットであっても交代させることがあった。三振しないためにはどうするか。足を生かして長打を打つためにはどうするか。全てが成長の糧だった。

シーズン打率は1年目.350、2年目.357

2年目の今季は打率.357、29盗塁 ©ルートインBCリーグ

 結果、1年目から.350という打率を残す。2年目の今季は打率.357、29盗塁。とくにシーズン終盤は“神がかり的”に打ちまくった。

 独立リーグというと、経済的・物質的な苦労というイメージが先に立つだろう。実際給与は少なく貰える期間も限られているが、具体的な待遇は球団ごとにまちまちだ。

「信濃はホームグラウンドがありますし、室内練習場もジムもある。野球に関しては自分は満足でした。経済面で苦しいということはありましたけど、そこを求めるなら社会人でもいい」

 食事もスポンサーである飲食店で、バランスよく食べさせてもらえた。そして、何より人に恵まれていた。

 同じBCリーグ神奈川の乾真大選手兼任コーチ(元日ハム・巨人)は、岩田にとって東洋大姫路高の大先輩にあたる。昨年のBCリーグチャンピオンシップ決勝では神奈川と信濃が戦った。その日先発完投した乾と対戦したことが、BCリーグでの大事な経験になった。