昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : ニュース, 社会

前夫との離婚は、行歩容疑者の「ホスト通い」がきっかけ

 一度、本人に『そんなんほんまの友達ちゃうやろ』と言ってみたことがあるんですが、寿希は『困った時に相談にのってくれるし。相談にのってくれるのは友達やろ?』と話がかみ合いませんでした。施設を出た後は友達の家を転々としながら、遊ぶ中で桜利斗ちゃんの実父のNさんと出会いました。

送検される松原容疑者 ©文藝春秋 撮影・上田康太郎

 社会人になってからは保険会社に入りましたが続かず、生活保護をもらいながら生活していると聞きました。桜利斗ちゃんの実父との離婚は“ホスト通い"がバレたのがきっかけのようです。その後どうなったかはわかりません」(前出の幼馴染)

 施設の友人が逮捕され少年院に入った時には、「そんなに早く出られて、楽しんだならええやん」と、感想を漏らしていたという行歩容疑者。桜利斗ちゃんが亡くなった後にも平然としていて、犯行への反省は見えなかったようだ。

亡くなった新村桜利斗ちゃん

「葬式では涙の一滴も見せませんでした」

「葬式では寿希は松原被告と手をつないで、涙の一滴も見せませんでした。事件の前にも電話が来るかと思えば男関係の相談ばかりで、『桜利斗ちゃんのことは考えないの?』と聞いても知らん顔。母親としての資格があるようには思えませんでした。葬儀の後、骨壺を家に持ち帰った2人のもとを訪ねて行ったことがあるのですが、ゴミと同じように棚の上に置かれていて、この2人は子供が死んだことについて、何も感じていないのだと分かりました。逮捕された今でも、出所後にどうやって松原被告に連絡を取るかだけを考えているのではないでしょうか」(葬儀に参列した友人)

 学生時代から孤独に苛まれ、最愛の我が子を亡くした行歩容疑者は、今何を思うのだろうか。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(15枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー