昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/11/04

浅田真央「ほんとうにすてき」

 それでも、本人の気持ちはどうなんだろう? という疑問は残る。世界大会で優勝し、オリンピックのメダルを嘱望されたかつての自分と、自分の現状とのギャップをどう捉えているんだろう? 辛くなったり、モチベーションで苦しんだりしないのだろうか?

「たしかに本人も、この何年かは葛藤することも多かった、と言っていました。でも東日本選手権の後に、こんなエピソードを明かしていたんです」

 ある時、浅田真央から佐藤信夫コーチを通じて本田真凛にコンタクトがあり、話をしたり一緒に練習をしたという。

「浅田真央さんは真凛のプログラムを見て『ほんとうにすてき』『私も含め、真凜ちゃんの演技を観たい人はたくさんいるから、もっと見せてほしい』と語ったそうです。それを聞いて、いい演技がしたいとあらためて思ったようです。やっぱり浅田真央さんのように、彼女の魅力が分かる人は分かるんだなとうれしくなりましたね」

2015年の本田真凜 ©文藝春秋

 浅田真央さんも認める、本田真凜の魅せる力。成績がどうあれ、なんだかんだとみんなが気にする、関心を寄せる理由の一端がそこにあると思う。

 それは、フィギュアスケートとは何かという問いに対する1つの答えでもある。

 全日本選手権では、どんな輝きを見せてくれるのだろうか。

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー