昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「『キムタク』って呼ぶ奴に、俺側の人間はいない」と…頑なだった木村拓哉(49)を変えた、明石家さんまの“言葉”

11月13日は木村拓哉の誕生日

2021/11/13

 きょう11月13日は、元SMAPで俳優の木村拓哉の49歳の誕生日である。40代も後半を迎えたここ数年の彼を見ていると、徐々に変化が表れつつあるようにも感じる。

 たとえば、マクドナルドのCM(昨年からイメージキャラクターを務める)では、女子高校生たちの話す「モバコ」という言葉の意味がわからず、木村が思わず「モバコって何だ?」と口にすると、「“モバ”イルで買う“コ”ーヒーなんですけど」と冷たくツッコまれていた。これには、CM上の設定とはいえ、あのキムタクもおじさん扱いされるようになったか……としみじみとさせられた。

木村拓哉 ©文藝春秋

 かと思えば、昨年放送のスペシャルドラマ『教場』で警察学校の冷徹な教官・風間公親を演じるにあたっては、髪を真っ白にして初めて老け役に挑戦した。

 本人によれば、見た目についてとくにこだわりはなかったものの、《ただ、生徒役30人のエネルギーが現場にすごく満ちあふれている状況のなか、風間だけが無機的な静物のように存在している感じのイメージは伝えたかった》という(※1)。監督の中江功からは「そこまで頭は白くなくてもいいんじゃない?」と言われたが、意見を交換し合って、最終的にOKが出たとか。

若手俳優の意識を変えた言葉

『教場』の撮影前には、共演者たちとトレーニングを行った。このとき、若手俳優たちがなかなか役に入れず、警察学校の衣装を着てもコスプレ感覚で、帽子を団扇代わりにあおいだりするありさまだったらしい。

マクドナルド公式YouTubeチャンネルより

 そんな折、みんなでパーソナルに集まって話す機会があった。このとき木村が若手に「カメラの前に立つ状態が10だとしたら、いまの自分たちはいくつだと思う?」と訊けば、「2」とか「3」という答え。その時点でトレーニング期間は残り3回しかなかった。そこで木村は「今日中に5まで上げようよ」と呼びかけると、その瞬間、全員が大声で「はい!」と返事をし、急に撮影に向けてギアが入ったという(※2)。

 今年正月には続編『教場Ⅱ』が放送された。このときの現場では、共演する20代の俳優たちとこんなやりとりがあったそうだ。