昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

演技も私生活も“早熟”だった “天才子役”志田未来28歳の現在地

 江口のりこ(41)連ドラ初主演作の『SUPER RICH』(フジ系)。江口演じるCEOが経営する電子書籍会社で、インターン役を務めるのが志田未来(28)だ。

「気の強いキャラクターで、江口とやり合うなど、ドラマの刺激剤的な存在。かつて“天才子役”と呼ばれた演技力はさすがだが、インターンにしては少々年長に見えるのには時の流れを感じた」(放送記者)

声優としても『借りぐらしのアリエッティ』などに出演している志田未来

 志田が子供劇団に入ったのは6歳の時。最初は「習い事感覚だった」というが、天海祐希主演の『女王の教室』(05年)で才能を見せつけた。実年齢と同じ小学6年生役で、天海演じる教師からしごき抜かれる生徒側の主演格。

「24人いる生徒の中で、一頭地を抜く演技を見せたのが志田と福田麻由子(27)、伊藤沙莉(27)。ふつう子役は中学進学時に仕事を続けるかどうかで立ち止まるが、志田は『辞めようかと思っていたが、続けていく転機になった』と振り返っている」(芸能デスク)

 飛躍は翌年訪れた。大手事務所の研音に移籍し、『女王~』での演技を買った日テレが『14才の母』主演に抜擢。13歳にして“連ドラ主演女優”となった。

 好評につき一話延長し、最終話の視聴率は22%。08年から3年連続で連ドラに主演し、09年には『誰も守ってくれない』で映画初主演という快進撃。だが、18歳になる11年頃から壁に突き当たった。