昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

移籍へと気持ちが傾く梅野。視野に入れている球団は…?

 こうした球団の姿勢に、梅野は周囲に「寂しい」と漏らし、移籍へと気持ちが傾いているという。

「矢野監督に迎合する球団幹部も『梅野が移籍を選んでも止めない』と突き放している。事情を知る選手は『本気で優勝を狙いにいく気がないのか』と怒っています」(別の球団関係者)

矢野監督

 FA市場にチームの扇の要である捕手が流れるのは稀。手を上げれば正捕手が固定できていないDeNAやオリックスなど複数球団の争奪戦が予想されるが、「梅野本人はよりによって、巨人への移籍を視野に入れているようです」(同前)。

 ペナント奪還を目指す巨人は、正捕手だった大城卓三の一塁へのコンバートが有力。二番手の小林誠司も打力不足で守備固め要員と物足りず、チームの補強ポイントにピタリ当てはまる。

「昨オフもDeNAからFAで梶谷隆幸と井納翔一を獲得。シーズン中は期待外れに終わりましたが、原辰徳監督お得意の、ライバル球団の戦力を削ぐことには成功した。梅野が来れば、宿敵・阪神の打者の弱点を捕手目線で細かく分析した情報を得られ、まさに一石二鳥です」(球界関係者)

 阪神は“虎の子”の捕手を奪われ、禁断の「巨人・梅野」が誕生するのか――。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z