昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「昔、現役やってんで」かんなみ新地で“営業”を続けるシャネル風ジャケットの知的ママの“身の上”と“妖艶な電気が灯っていた時代”《現地ルポ》

#2

2021/12/05

genre : ニュース, 社会

 11月23日、ついに兵庫県尼崎市の風俗街「かんなみ新地」が、約70年の歴史に幕を下ろした。同月1日に尼崎市長と尼崎南警察署署長の連名で営業の中止を要請したことで、約30軒あった店は風俗営業を休止していたが、23日に「かんなみ新地組合」が解散した。すでに10店が廃業申請をしているというが、一部は一般の飲食店などとして営業を続けているという。

 いま、かんなみ新地は一体どんな状況になっているのか。そもそもかんなみ新地とはどんな場所だったのか――。

 “取材拒否の街”大阪市西成区の歓楽街「飛田新地」を11年かけて取材し、2011年に「さいごの色街 飛田」(筑摩書房・新潮文庫)を上梓したノンフィクションライターの井上理津子氏が現地入りし、その実態に迫った。

◆◆◆

 かんなみ新地に実際に足を踏み入れると、「独立国」だと、私の目には映った。そして、妙だが「けなげ」の3文字が頭に浮かんだ。3階建てないし2階建ての木造モルタル造りの一続きの建物が、道路に沿って30メートルほど続いている。道路の向かい側も、建物の裏側も広々とした駐車場だ。

 軒先でおにぎりを売っている女性や、目を光らせている巡査と言葉を交わしたものの、かんなみ新地との“距離”はてんで縮まらなかった。

 その日の夕方、私が行き着いたのは、かんなみ新地から往路と逆方向に約2キロの尼崎センタープール前駅近くの立ち飲み屋「中島南店」。酒場探訪が好きな広告代理店OBの知人Cさん(66=芦屋市)が行きつけにしており、待っていてくれたのだ。

かんなみ新地

かんなみ新地の“安く、手っ取り早く”なシステム

「僕自身は風俗全般が苦手だから(かんなみ新地の店に)上がったことはない」と言うものの、以下を伝授してくれた。

・「かんなみ」の名は神田南通りの略から。
・夕暮れ時~24時まで営業。
・1階がスタンド形式で、2~3人の女の子がキャミソールなどを着て、座っている。
・急階段を上がると3部屋ほどあり、そこで性的サービスが行われる。
・各店に、シャワーもトイレもない。衛生には除菌クリーナーやウエットティッシュ、おしぼりを使う。
・ひと続きの建物2棟の間の通路に面し、共同トイレがある。
・「女の子」は日本人もしくは日本人に見える若い子。昔はおばさんだったが、阪神淡路大震災後に若返った。
・「借金のカタ」として働く女の子はおらず、みな、アルバイト感覚のよう。
・単位は20分。料金は飛田よりもおそらく安い。

かんなみ新地

 それはコップ酒をあおりながらの伝授で、Cさんは「つまり、立ち飲みと一緒。かんなみは“安く、手っ取り早く”が売りだったんだよな」と苦笑いした。