昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「最後まで闘いたい」アントニオ猪木が語った闘病生活

 11月27日放送の「燃える闘魂 ラストスタンド~アントニオ猪木 病床からのメッセージ~」(NHK・BSプレミアム)で「全身性トランスサイレチンアミロイドーシス」という自らの病名を明かしたアントニオ猪木(78)が、「週刊文春」の取材に応じ、現在の心境を語った。

スポーツ平和党代表時代。左は江本孟紀氏(1992年)

治療法が確立されていない難病に

 猪木の抱える病気は、タンパク質由来のアミロイドが心臓をはじめとする全身の臓器に沈着する難病で、重症化すれば生命を脅かす恐れもあるという。国内の患者数は約2000人。100万人に数人が罹るとするデータもある。猪木は2018年に発症し、闘病生活を続けている。

「知られていない病気だけど、おそらく苦しんでる人はもっと多いんじゃないかな。治療法が確立されていない上に、何の薬を飲めばいいのかも分からず、病院の先生方も困っている。(公表して)病気が広く認識されることで、少しでも研究が進むきかっけになればいい」

入院中の猪木(YouTubeより)

 闘病のつらさを、猪木はこう語る。