昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

会長は父親、活動は「母親の義務」

――「会長は男性。副会長の父親は何もしなくてよい」と引継ぎがある。(ふーたさん)

 

――運動会の“お母さん”による来賓への「お茶汲み」は時代錯誤だからやめようと提案。もちつき大会で「お父さんの手洗い、指先チェックは、お母さんが行ってください」という項目を「男女差別なので削除してほしい」と提案した。(うめさん)

 

――ママ友にPTAの愚痴を話していたら、友人の夫が横で「おやじの会は飲んでるだけだから楽しいよ!」と言い、殴りそうになった……。(暴力反対さん)

 ジェンダーバランスが異様に偏っていることも、PTAの最大の問題点のひとつです。まず大半の地域では、会長は男性ばかり。公立小中学校のPTAの女性会長の割合は、たった14.8%です(内閣府調べ 2020年12月時点)。

 対照的に、会長以外は母親ばかりです。活動への参加は、なぜか「母親の義務」と思われており、父親はほぼ想定されていません(稀に、シングルファザーが「母親」カウントされるケースも見かけますが)。単発で参加できる「係」の活動は多少、父親も増えているものの、継続的な参加を求められる「委員会」活動は、今も母親がほとんどです。

 ただし、単純に「父親のせい」ともいえません。PTAはあまりにも母親が多く、平日の日中の集まりに参加する父親は「ぼっち」になりがちです。そこで、父親たちが参加しやすいよう「おやじの会」をつくった、という話もよく聞くのですが、これによって「PTA=母親」「おやじの会=父親」という棲み分けが固定化してしまった面もあります。

 ときどき「母親代表(ははだい)」や「母親委員」といったポストを設けているPTAもありますが、これも「おやじの会」と同様の問題があります。「会長は父親(男性)」という前提のもと、ある種「女性活躍」のために設けられた役職でしょうが、むしろ「会長は父親」という縛りを強化することにもつながってしまっています。