昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

高齢者の資産を“合法的”にしぼり取る…悪徳後見人とマフィアの攻防戦 「パーフェクト・ケア」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

法定後見人のマーラ(ロザムンド・パイク)の仕事は、判断力の衰えた高齢者を守り、ケアすることだ。裁判所の信頼も厚く、常にたくさんの顧客を抱えている彼女は、実は医師やケアホームと結託し、高齢者の資産を合法的に搾り取る悪徳後見人だった。資産家の老女ジェニファー(ダイアン・ウィースト)を新たな獲物に定めたマーラは、当事者不在の裁判で後見人と認定され、彼女をケアホームに送り込む。身寄りがないはずのジェニファーの背後には、なぜかロシアン・マフィア(ピーター・ディンクレイジ)の存在があり、マーラとパートナーのフラン(エイザ・ゴンザレス)に危険が迫る。

〈解説〉

『アリス・クリードの失踪』のJ・ブレイクソン脚本・監督作。悪徳後見人とマフィアの攻防戦を描くクライムサスペンス。第78回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞受賞(ミュージカル・コメディ部門)。118分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆悪知恵にたけた美女2人よりも、婆さんと小男の登場が面白く、わくわく。ほぼ、喜劇。終盤、もう少し工夫が欲しかった。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆時流に乗った題材に古典的なひねりを加えている。脚本の密度は少し粗いが、悪と悪の差し手争いを役者の技量で見せる。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆独居の高齢者をランク付けして標的にする法定後見人。こってり悪意を満喫した分もっと残忍な運勢の終結を期待した。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆軽快なボディに妙味の詰まった快作。システムに乗っかった「陳腐な悪」が不屈の攻防戦に転がる。キャストもみな抜群!

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆高齢者虐待、搾取、法廷、マフィアなど大盛りなブラックコメディ。演技の強さより脚本の骨が欠ける。せめて歓喜を。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2020, BBP I Care A Lot, LLC. All rights reserved.

『パーフェクト・ケア』(米・英)
12月3日(金)より新宿ピカデリーほか全国限定3週間公開&デジタル配信開始
https://movies.kadokawa.co.jp/perfect-care/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー