昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「台湾独立=戦争」「マスゴミが益々発狂!」中国総領事が“過激ツイート”で大暴走…日本攻撃を止めないワケ

source : 文藝春秋 2022年1月号

genre : ニュース, 政治, 社会, 国際

「台湾独立=戦争。はっきり言っておく!中国には妥協の余地ゼロ!!!」(2021年10月28日)

「ハエがウンコに飛びつこうとする西側子分政治家」(同11月21日)

「過激な反中マインドに駆られているこのマスゴミが益々発狂!!!」(同11月13日)

 ……中国駐大阪総領事の薛剣(シュエジエン)(@xuejianosaka)は、連日ツイッターにこうした激烈な表現で中国礼賛&日米攻撃のツイートを投稿し、ネット界では有名な存在となっている。

 その薛剣総領事が「文藝春秋」に登場し、過激なツイートを連発する心の内を明かした。

薛剣総領事

 薛剣総領事が一躍有名になったのは今年8月。

「20年かかって、アメリカはアフガンでこんな『成果』を挙げた」

 というツイートとともに、アメリカの飛行機が上空から人間をばら撒くイラストを投稿したのだ。米軍がアフガニスタンから撤退する際、亡命を希望する多くの現地住民が飛行機にしがみつき、死者も出たとされる。それを揶揄したツイートだが、あまりに不謹慎だと、非難の声が上がった。

【Twitter】薛剣総領事の投稿
 

 だが、薛剣総領事の投稿はおとなしくなるどころかますます過激さを増した。10月、中国当局による人権弾圧が続く香港で、国際人権団体アムネスティが撤退することが報じられると、薛剣総領事はこんなツイートをしたのだ。

「害虫駆除!!!快適性が最高の出来事また一つ」

 現役の総領事が人権団体を「害虫」と呼んだことは国内外の猛烈な非難を招いた。

 しかし、それでも薛剣総領事の暴走はおさまらない。