昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『僕には声しかない』と事務所幹部に懇願

 不倫現場となった自宅マンションも引越し、家具も新調した。鈴木は新たな土地でLiSAと暮らしているという。秋ごろより声優業を再開すべく所属事務所である「アイムエンタープライズ」にも頭をさげた。

「『僕には声しかない』『声の仕事がしたいです』と事務所幹部に懇願したそうです。彼はもともと“オラオラ系”で強気な態度でしたが、心を入れ替えたのか若いスタッフに対しても、言葉遣いがとても丁寧になりました。復帰後の収録現場では、年上のディレクターから『たつひさ~、ちゃんとしろよ!』といった檄がとぶ時もあり、本人もその言葉を噛み締めていました」(前出・アニメ業界関係者)

 鈴木と同じく、不倫相手だったA子さんにも変化があった。

マンションの地下を歩く鈴木とA子さん ©文藝春秋 撮影・細尾直人

「A子は不倫騒動後、SNSを突然やめ人間不信になっていた。ネットに名前こそでませんでしたが、友人や職場にも噂が広まり反省していました。もちろんその後、鈴木さんとは会っていません。最近やっとふっきれ、SNSを鍵付きで復活。髪は超派手なピンク色になっていました」(A子さんの知人)

不倫が発覚し、直撃取材に答える鈴木 ©文藝春秋 撮影・上田康太郎

激動の5か月間を経て「アイムエンタープライズ」が寄せた回答

 激動の5カ月を経て、鈴木本人と所属事務所は何を思うのか。

 11月末「文春オンライン」は「アイムエンタープライズ」に書面にて質問状を送った。質問は15項目に及ぶ。不倫報道の際、所属事務所は固く口を閉ざしていたが、初めて回答を寄せた。主だった回答は以下の通り。

――鈴木さんの近況を教えてください。

【回答】規則正しい生活を送っていると本人より聞いております。鈴木自身は、健康的に過ごしているとのことでした。声優の活動も再開させていただいております。

所属事務所が寄せた回答1

――鈴木さんの復帰を待つファンも多くいると存じます。鈴木さんに声優復帰の意思はありますか? その場合、いつ頃からの復帰を予定されているでしょうか? 作品名など決定していれば教えていただければ幸いです。

【回答】本人も「またマイク前に立たせていただけるのであれば」と話しておりましたので、今後また出演できる機会をいただけるのであれば、真摯に取り組みたいと思っております。

 収録した作品名に関しては放送前なので控えさせていただきます。