昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「鬼滅の刃」歌姫LiSAの夫・鈴木達央がファン女性を自宅に連れ込み不倫 女性はSNSで「LiSA ライブだったから家大丈夫だったんだ…」

#2

genre : エンタメ, 芸能

 人気アニメ「鬼滅の刃」シリーズの主題歌を歌い、アニソン界の女王と呼ばれるLiSA(34)の夫、声優の鈴木達央(37)が、都内某スタジオに勤務する20代のA子さんと不倫関係であることがわかった。「文春オンライン」特集班は妻のLiSAがライブのため留守だった7月16日、鈴木がA子さんを自宅に呼び寄せた時の様子を撮影した。(#1から続く)

7月16日 鈴木の自宅を出た後、帰宅したA子さん ©文藝春秋/細田忠

《ほんとにほんとにほんとに最高でしたぁぁーっ!!ほんっとに幸せ。もう言葉ない!》

名古屋でのライブを振り返ったLiSAのツイート

 7月17日、LiSAは名古屋での2日間のライブを終えたあと、ツイッターでその感動を語った。だがその前日、鈴木はLiSAが不在の自宅へA子さんを呼んでいた。

ライブで不在の自宅でA子さんと逢瀬

 その日、A子さんはスタジオの仕事を終えると渋谷へと向かった。

 鈴木との逢瀬を繰り返したホテル「M」付近のデパートで時間を潰す。その間、A子さんは何度もスマホに目をむけていた。鈴木からの連絡を待っているようだった。

 19時30分、ホテル「M」にくるりと背を向け、A子さんは渋谷駅へ。数十分後、A子さんは鈴木とLiSAが住む高級マンションの前に現れた。エントランスのインターホンを押すと、自動トビラが開き、A子さんはマンションの中へとはいっていった。

「LiSAさんがライブで自宅にいないということで、逢瀬の場所を急遽ホテル『M』から自宅に変更したようです。この日、A子は達央さんにアニメ『Free!』の新曲デモテープを聞かせてもらったそうで、とてもご機嫌でした」(A子さんの知人)

 マンションに入ってから約2時間後の21時30分、A子さんは鈴木の自宅を出ると、タクシーに乗り込んで帰っていった。

タクシーで帰宅するA子さん ©文藝春秋/細田忠

以前にも自宅へ入るA子さんの姿を捉えていた

 翌日、A子さんはSNSの鍵付きアカウントに鈴木との逢瀬について書き込んだ。

《なるほど、昨日LiSA名古屋ライブだったから家大丈夫だったんだ》(7月17日のA子さんの書き込み)

 実は取材班がA子さんの鈴木宅への来訪を見たのはこの日だけではない。

 A子さんは6月5日の昼間にも鈴木の自宅を訪れた。その日、A子さんはマンションの地下駐車場で鈴木と合流。鈴木は周囲を警戒しながらマンションにA子さんを招きいれていた。

6月5日 駐車場で合流した鈴木とA子さん ©文藝春秋/細尾直人