昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《24人死亡 北新地ビル放火》注目を集める“紙袋を置いた男”の正体「離婚後に孤独感から息子の頭部を包丁で何度も刺し、逮捕された過去が…」

genre : ニュース, 社会

 12月17日午前10時半ごろ、大阪市北区の繁華街・北新地にある雑居ビル4階で火災が起きた。出火元は心療内科・精神科の医療機関「西梅田こころとからだのクリニック」だ。この事件で、24人もの尊い命が失われた。

 同日、クリニックを訪れた男が、油のような液体の入った紙袋を暖房器具の近くで蹴り倒して火をつけたとみられ、大阪府警は殺人と放火による重大事件として天満署に捜査本部を設置した。

火災現場 (読者提供)

 当初、現場は混乱のなかにあったが、徐々に事件の詳細が明らかになってきた。火は約30分で消し止められたため、建物の外見上はあまり大きな被害が出たようには見えない。

「男が引火させた場所が、クリニックの入口付近だったことで、被害が拡大しました。外に避難するためのエレベーターと非常階段は、入り口の奥にあり、クリニックの中にいた人が逃げるためには火元を通らなければならない。油による火が激しく、逃げられなかった人が多く、被害者が増えてしまったとみています」(消防関係者)

 放火した疑いのある男は何者なのだろうか。

男は意識不明の重体で大阪市内の病院に入院

「火をつけたとみられる男は、現在大阪市内の病院に入院しています。死んではいないが意識不明の重体。年齢は61歳で、このクリニックの診察券を持っていたことから患者の一人だったことが分かっています」(捜査関係者)

男が入院している病院 ©文藝春秋

 男の住む同市西淀川区の自宅では、火災事件の約30分前にぼや騒ぎが起きていた。事件担当記者は「男の住む部屋から煙が上がり、1時間あまりで消火されました。自宅についても放火の疑いが持たれています」と解説する。府警と消防は、18日午前、男の自宅の実況見分を始めた。

 男が住んでいたのは古びた3階建ての戸建て。直前にボヤ騒ぎがあったこともあり、壁は煤けていた。

関連記事