昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/01/15

――下ネタを芸でやっていくのは難しい時代ですか。

あやまん YouTubeでチャンネルを持っているんですが、そこでホットパンツを穿いてライブ配信したら、強制的に止められたこともあります。テレビ局の場合、規制の線引きは、明らかな放送禁止用語以外は上層部の判断と、あとは世間の「空気感」だそうです。

――炎上しそうな表現は極力、排除していく動きなんですね。

あやまん さじ加減は本当に曖昧ではあるんですが、年々、厳しくなっていることはたしかですね。

「安全日ふんどし」の出番も減らしている

――社会の変化で、あやまんJAPANのネタにも変化があったのでしょうか。

あやまん 「安全日」と書いてあるふんどしを披露するネタがあるんですが、それは曲中、急にものすごく神妙な面持ちで「すごく大切なお知らせがあります。私、実は本日……」と焦らした後、「安全日なんです~!」と言ってふんどしを出すものなんですね。

 昔はなんとなくやっていましたが、今みなさんにお伝えしたいのは、安全日なんてない、ということです。

 

――性の正しい知識もちゃんと盛り込んでいこうと。

あやまん メンバーとも「これはやめない?」みたいなことはよく相談しています。

 YouTubeでこのネタをする時にも「安全日はありません」と注釈を入れるようにしたり、ふんどしも「安全日」以外に「大吉」とか違うバージョンを用意して、場の空気感や要望に応じて変えるようにしてますね。

最近では出番が少ないという「安全日ふんどし」(中央)

――あと、あやまん監督の過去のインタビューなどを読むと、「最近はセックスしてるの?」といったセクハラ質問を頻繁にされていると感じました。

あやまん 「ヤリマン」とか言ってる子は乱暴に扱ってもいい、みたいに思っている方はいるかもしれませんね。

 あやまんJAPANはマネージャーもいないので、会場に行くときは女性3人だけです。そこでお酒を飲んだ方を相手にするので、酔ったお客さんがステージに上って来てしまったり、モッシュじゃないですけど、裸体のおじさんが飛んできたこともあります。

 あとは記念写真を撮ることを「ハ○撮り」と呼んでいるんですが、オラついた方に思いっきり腰持たれたりすることも。その場では「もう~、ちょっと激しいんだからぁ」「欲求不満~」と返して逃げるようにしています。