昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/01/15

それでも、下ネタパフォーマンスをする理由

――新加入したユースメンバーの皆さんと話しても、「あやまん監督は人格者」「真面目」というエピソードばかりでした。

あやまん ぶっ飛んだグループだと思われているかもしれませんが、私自身は、「私ってヤバい人でしょ!? 見て見て~」というタイプではなくて、常識人でありたいし、そう見られたいという思いがあって。

 だから普段の言動やSNSでの発言も炎上させないようにすごく気をつけている小心者ですし、実際には神経質で潔癖症なので、シャンパンの回し飲みや、唾がかかるような距離感で話してくる人も苦手です。

 

――罪悪感や苦手な部分を抱えながら、なぜそこまでして下ネタパフォーマンスを続けるのでしょうか。

あやまん やはり性欲は三大欲求のひとつなので、この先もなくなることはないですよね。不快に感じる方がいる一方で、我々の姿を見て元気をもらえた、と言ってくださる方もいます。そんな皆さんの声が10年以上、パフォーマンスを続けてこられた理由です。

 下ネタをエロ面白く表現できる女性グループは希少な存在だと思うので、これからもイク時は……一緒だよ! 

【続きを読む】「当時の私は、いてもいなくてもいい存在だった」自信のなかったあやまん監督(42)が、下ネタでブレイクするまで

写真=松本輝一/文藝春秋

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

2021年 インタビュー部門 BEST5

1位:「今は犬1頭と猫1匹だけ…」借金3億を背負って「動物王国」を閉園したムツゴロウさん(86)が辿り着いた“北海道のログハウス生活”「今は自分が生きていくだけでやっとです」
https://bunshun.jp/articles/-/50887

2位:「セックス中に何度も吸うと意識が飛んで…」17歳で違法薬物“RUSH”にハマったワケと幼少期の「虐待とネグレクト」《元女子受刑者の告白》
https://bunshun.jp/articles/-/50884

3位:「芸能界を辞めようと思っていました」人気絶頂でレギュラー降板…加藤晴彦が初めて明かす“20年前の真相”
https://bunshun.jp/articles/-/50883

4位:「安全日なんてない、と今は言いたい」デビューから10年、下ネタで一世を風靡したあやまん監督(42)の“後悔”
https://bunshun.jp/articles/-/50881

5位:益若つばさ 避妊リング「ミレーナ」“炎上覚悟”で公表のワケ「“はいマウント、承認欲求強め”で片付けられないように」
https://bunshun.jp/articles/-/50880

この記事の写真(26枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー