昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「派閥があるとしたら、うちの恥」

「うちの娘と対立している飯島が派閥を作っていると(文春の質問状に)書いてあったら、飯島に説教するのは当たり前でしょう。派閥があるとしたら、うちの恥。文春さんだって自分の社内に派閥があったら恥ずかしいと思いませんか。あなたたちはうちの会社というものをわかっていないんです。うちはジュリーが生まれたときから、事務所がちゃんとうまくいったら跡継ぎにしなきゃいけないと思っていました。少なくとも3カ国語、4カ国語は読み書きができるようにしているし、小さい頃からミュージカルを観せてきた。

 どんな派閥関係があるのかと聞かれても、私には派閥ということ自体がわからない。もっと言うとファンには派閥なんて関係ないんです。ファンは事務所じゃなくタレントについていく。そうじゃなければなんで35年間マッチにファンがついてきているんですか」

 部屋を出て飯島氏に連絡を取りにいった男性が戻ってきた。メリー氏が「どうした? 飯島」と訊ねると男性は「10分ぐらいです」と答えた。

©iStock.com

「どうぞ飯島に取材して」

 飯島氏の到着は呼び出しから30分ほどが経った頃だった。色の白い、ほっそりとした女性が俯き加減で会議室に入ってきた。彼女こそSMAPの育ての親である飯島氏だ。

「お世話になってます、と(文春に)言うのはおかしいですね。おはようございます。初めまして、飯島と申します」

 意に染まない表情で名刺交換をする飯島氏。押っ取り刀で駆けつけたものの内心は困惑しきっていたに違いない。飯島氏は我々の右前、メリー氏の正面に座った。2人の距離は数メートル。裁判長と被告人席の位置取りだ。スタッフや記者はもう傍聴席にいるようなものだった。

 そしてメリー氏はこう言った。

「どうぞ飯島に取材して。私との対立関係を聞いてください。どういうことで対立してるのか」

 記者が派閥問題について単刀直入に質問すると、飯島氏は真剣な表情でこう答えた。

「私も大変困ってまして、本当に何とかしていただきたいなと思っているんです。伸び伸びとやらせていただいているので、こういう風に言われてしまっているのかなとは思うんですけれど……。私も被害に遭っている立場で、それはジュリーさんもそうだと思います」