昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022年の論点

「左脳で歌をつくってる」「国民的ヒット曲はもう生まれない」…YouTube、TikTokでバズる「昭和歌謡」、立役者たちが呈していた“苦言”

2022/02/12

source : ノンフィクション出版

genre : エンタメ, 音楽, 社会

 ぼくは毎日銭湯に通っているのですが、ここ数年、若い方々の姿をよく見かけるようになりました。

 しかし彼らに「風呂なしアパートに住んでいるから」といったリアルな様子はなく、単純に「未知なる楽園を見つけた!」、いま風にいえば「やべえぞ、ここ」、そんな嬉々とした風情がうかがえます。若い世代にも広がる昭和歌謡のひそかなブームも、じつはこうした感覚だったり?

 娯楽がどんどん複雑化して、おのおのが一人で楽しむツールが中心となったように見える世の中にあって、老若男女が集い、一庶民として人情をたんまり共有できる場所。昭和の流行歌にもそんな共通項が垣間見え、このアナログ感=“暖かみ”こそが、いま昭和歌謡が求められている源泉なのではないでしょうか。

©iStock.com

YouTube、TikTokでは、次世代による昭和歌謡のカバーが

 ちなみに、ぼくは最近のいわゆるJポップをまったく聴いておりません。ただ、聞くところによれば、YouTube、TikTokでは、次世代による昭和歌謡のカバーが目立ち、さらにはツイッターやインスタグラムなどで紹介されることで拡散、共有されているそうです。

 たとえば「レコチョク」におけるある日のランキングでも、一位に尾崎紀世彦「また逢う日まで」、二位に太田裕美「木綿のハンカチーフ」がランクインし、そこにジュディ・オング「魅せられて」、いしだあゆみ「ブルー・ライト・ヨコハマ」が食い込むという昭和戦国絵巻が……。と、ガラケーでちまちま打っているぼくは、比較論的なことなどをエラソーに語れる立場にないことを、あらかじめお詫びしておかなくてはなりません。

 ただあくまで、お店の有線などで耳にする“イマドキらしい曲”の数々は、ぼくにとって詞もメロディも何だかこう「沁みない」、「入ってこない」というのが正直なところなのです。