昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/01/02

Twitterのミュートに「相手にバレない!?」

西村 そうそう。あと、Twitterにミュート機能があるじゃないですか。

──はい。ミュートしたアカウントのツイートや通知は、自分のタイムラインに流れなくなりますね。

西村 彼は基本的にミュートもブロックもしないんですよ。ただ、誰かがツイートをすごく連投していたらしく、彼が「タイムラインがその人で埋まって見づらい」と言うんですね。

 私が「じゃあミュートすれば?」と言ったら、「でもそれ、本当に相手にバレない? 大丈夫なの?」と怯えはじめて。

「おいらがミュートしたことを相手が気づいたら、すごく怒られたりしない?」とか、何度も確認されて。

 

──あのひろゆきさんが、ミュートひとつでそんなことに……(笑)。

西村 私は内心「おまえ、インターネット得意じゃないのかよ……」と思いつつ、「大丈夫だよ。ミュートはブロックと違って相手に通知されないし、普通はミュートされたことに気づかないから」って言ったんですけど。

 実際に彼がミュートする直前にも、「本当に、本当にミュートするよ。いいの!?」ってすごい確認されて。意外と女子みたいに、細かいこと気にするんだな……と思いました。

2018年、パリのコンコルド広場前の観覧車で

──ひろゆきさんなら「ミュートって、こうやってするんですよ」とレクチャーする側なのかと思っていました。

西村 これは5、6年前の話なので、さすがに今はわかってると思うんですけど。

 でも、そうやってビビってるから教えてあげたのに、その後であたかもTwitter賢者のような感じで、「そういうのはね、イヤだったらミュートすればいいんですよ」って、どこかで語ってました(笑)。

──(笑)。ゆかさんとしては「それは私が教えたことだよね?」と思いますよね。

西村 そう。なんでも自分の手柄にしちゃうんですよ。そういうことがものすごく多くて、私一人が若干イライラしていたんです。

 でも、このマンガ連載が始まったことで、あれもこれもネタになるなと。私は少しスッキリしましたが、最近は逆に彼が「ネタにされる……」と警戒しているところがありますね。