昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「お母さんが来る! やったー!」宮本亞門が振り返る“17歳の神田沙也加”が見せた母・聖子への思い

 昨年12月18日に主演ミュージカルの公演先である北海道札幌で急逝した神田沙也加さん(35)。ミュージカルデビューとなった「イントゥ・ザ・ウッズ」で17歳の神田さんを主役に抜擢した演出家の宮本亞門氏が、月刊「文藝春秋」に神田さんとの思い出の数々を明かした。

 初対面は2003年のオーディションだった。

「初めて会ったとき、沙也加さんがあの大スターの娘さんだとは全く知りませんでした。オーディションでは偏見をもちたくないので、履歴書には事前に目を通さないようにしています。元気に挨拶をしながら部屋に入ってきた彼女は、本当にいきいきしていた。何より印象的だったのは彼女の瞳。キラキラ輝いていました。またオーディションでの歌がとにかく素晴らしかった!沙也加さんが部屋を出た後、『この子はすごいよ!』と思わず口にしたことをよく覚えています」

神田沙也加さん ©AFLO

 ミュージカルの稽古が進むなか、あるとき彼女は亞門氏にこんな質問をぶつける。

「亞門さん、正直に教えてください。私の両親が有名人だったから、この役に選んでくれたんじゃないですか?」

 亞門氏は一生懸命に説明したという。

「オーディションの中で本当に君が一番良かった、お願いだから信じて、と伝えました。沙也加さんはお母さんの松田聖子さんのことを、ものすごく尊敬していました。松田聖子さんは、歌の世界でトップを極めた人。その世界に足を踏み入れた以上、本気でやらなきゃいけないと決意していたのでしょう。『松田聖子の娘』ではなく、『神田沙也加』として、多くの人に認められたい――。芸能界に入ってもがき続けるなかで、彼女はミュージカルと出会ったのではないでしょうか」