昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「自分の魅力や才能がわからない」神田沙也加さんが向き合い続けた“芸能界の厳しさ”と松田聖子との“理想の母娘関係”〈もし母親になったら子供と…〉

#2

source : 文藝春秋 2001年10月号

genre : ライフ, 芸能

 12月18日、女優の神田沙也加さんが札幌市内のホテルの高層階から転落し、同日午後9時40分に亡くなった。35歳だった。SAYAKAとして芸能界デビューした14歳の神田さんが、母・松田聖子との関係性などを率直に明かした手記(「文藝春秋」2001年10月号)を追悼を込めて再録する。(全2回の2回目/前編から続く)

急逝した神田沙也加さん ©AFLO

(※年齢、日付などは掲載当時のまま)

◆ ◆ ◆

実は昔から、“母”という感じがあまりしない

 映画の撮影が始まって数日たったある日、家に帰ると、リビングが真っ暗だった。

「あれー、まだ夕方なのに……」

 そう思って足を踏み入れると、

「パンパンパーン!!」

 何やら音がして、急にぱっと明るくなり、目がくらんだ。周りを見ると、クラッカーを持った母達が、微笑んでいた。

神田さんは「マイ・フェア・レディ」の札幌公演に出演予定だったが、18日の公演は体調不良を理由に休演していたという ©AFLO

 テーブルを見ると、“映画初出演おめでとう”と、いつの間に用意したのか、色とりどりの花や、カードがいっぱいあった。

「わぁ!! ありがとう……」

 ちょっと気持ち的にしんみりしていた時期でもあったので、すごく嬉しかった。みんな、心からお祝いしてくれた。母の友達が飼っているシーズー犬までしっぽを振ってくれていた(笑)。

 母は、誰かの誕生日とかになると、カードやケーキやプレゼントなどを徹底的に用意してお祝いをする。電気を消してクラッカーをパーンと鳴らし、その人が喜ぶ顔を見て、自分も同じぐらい喜ぶ。仕事が忙しいことはあるけれども、仕事以外の暮らしでは、普通の母親とまったく変わらない。

結婚会見に臨んだ松田聖子 ©文藝春秋

 それどころか、実は昔から、“母”という感じがあまりしない。むしろ“友達”という感じなのだ。でもそれは母親らしくないという意味ではなく、何でも話せて、わかり合えるという意味だ。昔から仲の良い一番の“親友”のように感じる。14歳ぐらいになると、母親のことを「ウザい」と言う人も出てくるけれど、私は全然そう思わない。私ももし母親になったら、子供とこういう関係を築いていきたいと思っている。