昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 文藝春秋 2022年1月号

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

 希林さんとの親交が以前にも増して深まったのは私の離婚後。「あぁ、やっぱり戻ってきたのね」って(笑)。それからは2人で海外旅行に行ったり、四季折々の美味しいものを食べたり、ワイドショーに出ている整形してそうな芸能人を見て「あの子、やったわね」って言い合ったり(笑)。本当に気の置けない間柄でした。

死にゆく姿も全部見せてくれました

©文藝春秋

 亡くなる最後の1カ月は毎日のように希林さんのお見舞いに行きました。体中に刺さった管を抜管するためにお医者さんが私に席を外すように促しても、「この子も役者の端くれなんですから全部見せてあげてください」って言って死にゆく姿も全部見せてくれましたね……。今でも何か悩むと、「希林さんなら何て言うかな」っていちいち思い出しちゃうんです。ワクチン接種にしても小室眞子さんの結婚にしても、希林さんがいたら一緒に話せたんですけどね。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー