昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『北の国から』田中邦衛さんが娘に送った“戒めの言葉”「世の中を支えているのは大勢のニュースにならない人達だ」

source : 文藝春秋 2022年1月号

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ, 映画

 ドラマ「北の国から」など、数々の名作で親しまれた俳優・田中邦衛さん(1932~2021)。長女の田中淳子氏が、父との思い出を明かす。(「文藝春秋」2021年1月号より)

◆ ◆ ◆

徹底的に「利他主義」の人でした

 徹底的に「利他主義」の人でした。サービス精神が旺盛すぎるほど旺盛で、父がいると周りは自然と笑顔になったものです。

 私が物心ついた頃から、父は仕事が忙しく、休みで家にいるのは年に数回レベル。それでも、お正月やクリスマスなど、家族の行事は大事にしてくれていました。夏休みの旅行では、車の運転をするためだけに、撮影の合間を縫って来てくれた。目的地まで運転して、すぐに現場に戻ることもありました(笑)。

田中邦衛さん ©文藝春秋

 家では疲れた様子を全く見せず、よく家族を笑わせてくれました。撮影現場でスタッフさんにイタズラをするのが好きで、帰宅後、「今日はこんなイタズラをして上手くいった」と嬉しそうに話していました。

 人に対する態度は、誰に対しても変わりません。家族で外食に行っても、お店の方に冗談を言って笑わせている。ただ、偉そうな人が寄ってきて、名刺を渡された時には、そっとテーブルに置いたまま帰ってしまったのを覚えています。権威主義的な人が苦手だったのでしょう。