昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“宇宙へ行った男”前澤友作氏の新恋人は「スタイル抜群の“肉体派”美女」 超厳戒態勢の高級鉄板焼きデートでの「世界レベルのVIP待遇」とは

genre : エンタメ, 芸能

 1月7日、都内のライブハウス「Zepp Haneda」。この日は女性アーティストのライブ「Peaky P-key×Lynx Eyes 合同LIVE TOUR 『Higher and Higher』」が行われていた。

 ライブ終了後、関係者口から現れたのは意外な顔だった。宇宙から地球に戻り、数時間前に外国特派員協会で記者会見を終えたばかりの前澤友作氏(46)だ。

次は世界で最も深いマリアナ海溝へ

 前澤氏は、昨年12月8日に打ち上げられたロシアの宇宙船「ソユーズ」に搭乗し、民間人宇宙飛行士としてISS(国際宇宙ステーション)への渡航、滞在を始めて成功させた。日本へ帰国し、14日の隔離期間を終えた前澤氏は、帰国後初めて報道陣の前に姿を現し、宇宙体験を語った。

前澤氏 (本人のインスタグラムより)

「長期間におよぶ無重力生活はやはり過酷だったようで、『地球を見て、俺はずっと地球に住みたいと思いました』と話していました。帰国して地球や日本の良さに改めて気づいたと、『風、匂い、季節があることがうれしいです。楽しみは食事でした。家にお寿司屋さんが来てくれました』とも明かしています。

 ただ、これで懲りる方ではなく、世界で最も深いマリアナ海溝への旅行も計画していると。『実はどういう潜水艦に乗り、どういう時間をかけて行くかもほぼ決まっています。これもお誘いがあって、行きますと言いました』と新たな目標について語っていました」(報道関係者)

前澤氏 (本人のインスタグラムより)

厳戒態勢で“新恋人”と超高級鉄板焼き店へ

 貴重な体験だとはいえ、肉体的にも精神的にも負担が大きかった宇宙旅行を経て、いちはやく前澤氏が駆け付けたのが、冒頭のライブだ。実はこのライブには前澤氏の“新恋人”が出演していたのだ。

 1月14日には「FRIDAY」で、元恋人の剛力彩芽(29)と俳優の熱愛が報じられたばかり。前澤氏のお相手は一体どんな人物なのだろうか――。  

 冒頭のシーンに戻ろう。

 ライブ会場の関係者口から出てきた前澤氏は、黒のアルファードに乗り込んだ。この車は前澤氏が日頃から送迎車として利用している。そして数分後、同じ関係者口から出てきた1人の女性が、前澤氏が待つ車内へと乗り込んだ。オーバーサイズのベージュのコートを着ているが、スラっとしてスタイルがいいことがわかる。足元は白いブーツだ。

高級料理店から出て、店員に傘で隠されながら車に乗り込む前澤氏 ©文藝春秋 撮影/上田康太郎
鉄板焼きを楽しんだ後、前澤氏の送迎車へ乗り込む新恋人 ©文藝春秋 撮影/上田康太郎
©文藝春秋 撮影/上田康太郎

 同日22時過ぎ、前澤氏と女性を乗せた車は港区にある超高級会員制鉄板焼き店の前に停まった。この日、雨は降っていなかったが、迎えに出てきた数名の従業員はみんな傘を持っている。その傘をさして、前澤氏と女性を周囲から隠すようにして店内へと案内した。

「この鉄板焼き店は、食通の中でもたびたび話題に上がる超有名店です。会員は世界レベルの超一流だけで、33人限定だと言われています。前澤さんは剛力さんとのデートでもよく訪れていましたよ」(周囲の飲食店関係者)