昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

日本一多忙なフリーアナ、新井恵理那「常にオリジナルでありたいと考えて行動してきました」

source : 電子書籍

genre : エンタメ, 芸能

 フリーアナウンサーの中でも抜群の存在感を放つ新井恵理那。2019年には上半期タレント番組出演本数ランキング女性部門1位に輝き、2020年3月からは「グッド!モーニング」(テレビ朝日)のメインキャスターを担当している。インスタのフォロワーは52万人、YouTubeの「新井恵理那channel」も話題だ。どれだけハードワークなのだろうと、思いきや、当の新井恵理那本人は涼しげな表情でこう語る。

支えてくれていた大切な存在との別れ

「毎日やることがあるのはすごく幸せだと感じています。でも自分の実感としてはけっこう休んでもいるんです。ひとりでずっとアニメを見ていたり。自分の体と向き合う時間もありますし、料理も毎日しています」

『原色美人キャスター大図鑑2022』より。撮影 根本好伸

 仕事が充実する中、昨年は悲しい別れもあった。愛鳥・ボタンインコのラピスちゃんが亡くなったのだ。

「長く愛していた、私を支えてくれていた大切な存在だったので、本当に悲しかったです。仕事で外に出ていても家に帰る唯一の楽しみだったので、今はずっと外で働いていたいくらいです。他にも熱帯魚がいるので救われてはいますが、『ひとりだな』と思うことは多いです」

 人生の転機を訊ねても「ターニングポイントがあったというよりは、ひとつひとつステップを上がってきた結果」と答える彼女。こう、自分のことを分析してくれた。