昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

冨永愛が見た、トップモデルを目指して海外に繰り出したど派手な90年代と現代の“大きすぎるギャップ”

2022/01/30

 ファッション業界において、これほど激動の嵐に見舞われた年はかつてあっただろうか。ファッションは以前から環境に対する負荷が問題視されていたが、このコロナ下においてはエシカル志向が急加速したように感じる。「エシカル」とは環境保全や社会に配慮すること。流行しているから、憧れているからというだけでは、もう消費者の心を捉えられず、財布の紐も固くなってしまった。消費が落ち込み、今までのマーケティングやサプライチェーンのあり方では成立しなくなってしまい、改革を迫られているのだ。

 さらにSDGsの観点からファッション業界は産業界で世界で2番目に自然環境に負荷をかけていると指摘されている。あらゆるブランドが持続性のある方向へと大きく舵を切らざるを得なくなった。

100万トンの衣料が廃棄されている

冨永愛 ©AFLO

 こうしたことが数年の間に劇的に起こっている。そして今では右を向いても左を向いてもエシカル、サステナブル、生産過程を追跡できるトレーサビリティの嵐である。

 実際のところ、環境に対する業界の負荷は深刻だ。日本では毎年約100万トン(約33億着)の衣料が廃棄されており、その9割が埋め立てられたり、または焼却処分されている。60%以上が新品のまま埋め立てられているというからとても持続性のある状況ではない。

写真はイメージ ©iStock.com

環境問題や労働環境とはまるで無縁

 私がモデルを始めて海外に繰り出していた90年代終わり頃、ファッション業界はこれでもかというほど派手な世界で、デザイナーたちが渾身のコレクションを毎シーズン煌びやかに披露していた。それは環境問題や労働環境とはまるで無縁の、どこか雲の上の物語のような夢の世界で、心をわしづかみにされてしまう強烈な引力があった。その魅惑の世界に導かれるように、私はトップモデルを目指していた。

 ここ数年は持続性のある取り組みをしようと業界が必死であることはもちろん理解できるし、その努力をするべきなのだが、同時にファッションの世界が私たちに夢を見させてくれていることも忘れないでいてほしいと思う。人間にとって、たとえどんな現実の問題に直面しても、夢を見ることはけっして忘れてはならない大切な要素だと思うから。