昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

遠慮しない五男が、夏休みにアメリカに短期留学へ

 元基(五男)が大学生の頃、夏休みにアメリカに短期留学したいんだと言ってきたんです。親バカなので「え! すごいじゃん。大学で選ばれたの?」って聞いたら、「いや違う。ただ行きたいんだ」って。ズゴーって感じですよ。

 兄弟がたくさんいるから、遠慮とかするのかなと思ったら大間違い。ただ行きたいからお金出してって。そのお金は工面して渡しました。せっかく留学行ったんだから、アメリカかぶれして帰ってくるかなと思ったら、キョトンとした顔で帰ってきて、「お母さん、楽しかったよ。ありがとう」とかもないんです。

 夫が仕事でシンガポールに出張に行った時は、かぶれて帰ってきたのに、お前はかぶれないのかよって思いましたよ。

 

 大学院に行ってからも、教授の鞄持ちでアメリカに行くから「かあちゃん、大学が半分出してくれるから半分だして」って。またかよって思いましたけど、出しましたよ。子どもはお金がかかるものなので、しょうがないって腹を括って、できる限りのことはしてきましたね。

――子どもたちのお小遣いはどうされていたのでしょうか。

千惠子 年俸制です。お正月にお年玉と通帳をセットで渡していました。使いたい分は残して、あとは通帳に入れる。必要な時はそこから出して使う。親はお金の管理ができるようになってほしいから色々言うけど、結局できない子はできないですよね。その子その子によって使い方が違う。それも個性です。

子どもが巣立ったと思ったら、今度は孫

――今はみなさん巣立って、お母さんは一人暮らしですよね。金銭的にも体力的にも当時とは違いますか。

千惠子 子どもが巣立ったと思ったら、今度は孫です。お正月に孫とお嫁さんにお年玉とお年賀を配って……。それに今はリン(愛犬)の子育てもあるし。母の介護だってこの先もあるだろうし。いつになっても何かしらはありますよ。

愛犬・リンちゃんと千惠子さん

 でも自分の時間ができたので、数年前からフラダンスを始めました。月に何度か教室で練習して、発表したりしています。

 子どもたちも自由なので、帰っておいでと言っても「そのうち帰るよ~」って。元気ならいいんですけど、子どもたちの近況はTV見て、知るからね(笑)。

写真=山元茂樹/文藝春秋

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(15枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z