昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

がん経験者572名アンケート 育児や介護と同じように「時短」「休暇」制度を

仕事編2 働き続けるために必要な企業のサポートとは

「がん治療」との両立のためにどんな制度が必要?

・がん患者の夫も、看護のために仕事を休める制度があったらよかった。おそらく日本の企業は無理でしょう。(30代女性)

・がんへの理解を示し、無理のない範囲で働ける体制を作り、それを積極的に利用できる環境を作ってほしいです。正社員が無理ならパートか退職しかない、ではなく、時短勤務や週休3日があれば有難いです。(30代女性)

・手術後の業務の配分や、代替勤務者などの手配をしてほしい。(30代女性)

・抗がん剤治療などで通院が多くなる。休みを取りやすくしてほしい。有給はすぐなくなるし、1日単位で休めるような制度を。(30代女性)

・がん治療時の短期休職制度(1~6ヶ月レベル)。(30代女性)

・ウェルネスセンターのような場所で、プライバシーが確保されて、がんと就労について思いきり話せるような環境づくり。(30代女性)

©iStock.com

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー