昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【2/18(金)19:00~】有栖川有栖と一穂ミチ、ライブトーク!「火村英生とアリスについて訊きたいことがありすぎる!」

〈火村シリーズ誕生30年〉

 2/1(火)にオープンした、小説好きのためのコミュニティ 「WEB別冊文藝春秋」が、その幕開けを記念して、夢のオンライン対談「有栖川有栖×一穂ミチ」を配信します!

 『スモールワールズ』に続いて『パラソルにパラシュート』『砂嵐に星屑』と話題作を連発している一穂ミチさんですが、実は20年来の「火村シリーズ」ファンということで、この機会に徹底的に有栖川さんに迫って頂きます。

 
 

 いまからでもハマれるシリーズ不動の魅力から、おすすめタイトル、そして、根幹にある有栖川さんのミステリー観や人生観まで、徹底トーク!!!

 おふたりの共通点である「大阪を舞台に描く」というポイントも深堀りしながら、「ここだけの話」をたっぷり2時間お届けします。

ご質問、大歓迎! 視聴者参加型ライブトーク!
お二人のサイン入り色紙もプレゼント

 「WEB別冊文藝春秋」は、note内で運営されている月額800円の定期購読マガジンで、キーワードは《読んで楽しむ、つながる》です。

 ぜひとも、ハッシュタグ「#別文一期一会」を付け、おふたりにお訊きしたいことやメッセージを事前にnoteに投稿していただけたらと思います。

 
 

 終了後の「ライブレポート」も大募集!

 素敵なレポートをあげてくださった方の中から3名の方に「おふたりのサイン入り色紙」をプレゼントいたします。

(「ライブレポート」と銘打ってはいますが、トークの内容に限らず、おふたりのこれまでの作品や、かねて思っていたことなど、ぜひ自由にお書き頂けたら嬉しいです。おふたりとともに拝読するのを楽しみにしております!)

奇しくも今年は火村シリーズ誕生30年の記念イヤー
1月には待望の、シリーズ最新長篇『捜査線上の夕映え』も刊行されました
奇しくも今年は火村シリーズ誕生30年の記念イヤー
1月には待望の、シリーズ最新長篇『捜査線上の夕映え』も刊行されました

一穂ミチさんのコメント

 火村シリーズ30周年おめでとうございます。

 火村シリーズに出会ってからおよそ20年。火村とアリスがさまざまな事件に遭遇したようにわたし自身いろいろな経験を重ね、どういうわけか小説をものし、同じ『別冊文藝春秋』誌上で連載を始めてこのたびトークショーでご一緒できる運びとなりました。火村先生もびっくり(しないか)!

 この20年、彼らが彼らでいてくれることに何度となく救われ、有栖川先生が彼らを書き続けてくださることへの感謝を新たにしてきました。フィクションでありながら芯の強い魂を持つ登場人物と、「人の心」といういちばんの謎に真っ向から挑む物語が、これからも多くの読者を魅了することでしょう。

開催概要・申し込み

日時 2022年2月18日(金) 19:00-21:00

 

形式 オンライン(Zoomウェビナーによる配信)

 

参加方法 noteの定期購読マガジン「WEB別冊文藝春秋」を800円で購入し、事前登録をお済ませください。

ご登録いただいたメールアドレスに、本番2日前を目処に視聴用URLをお送りします。詳細はこちらをご覧ください(「見逃し配信」もございます)。

 

申し込みはこちら

お問い合わせ先​「WEB別冊文藝春秋」編集部 betsubun@bunshun.co.jp

「WEB別冊文藝春秋」とは?

 2022年2月1日に誕生した小説好きのためのコミュニティ(https://bessatsu-bunshun.com)です。

 メディアプラットフォーム「note」内で、月額800円の定期購読マガジンとして運営されています。

 これまでは二ヵ月に一度、電子小説誌として販売していた『別冊文藝春秋』を今後はサブスクリプションスタイルでもお届けしようというもので、最新号の作品はもちろん、連載中の作品は過去の回まで、また、WEB版だけでお楽しみいただけるオリジナル作品も読み放題になります。

「読む人と書く人がつながる場所」であることを大切に、毎月人気作家のオンラインイベントを開催するほか、ハッシュタグで投稿し合うお題企画や、寄せられた質問に編集部がお応えする「#ミステリーお悩み相談」なども実施していきます。

▼詳細はこちら Welcome to「WEB 別冊文藝春秋」
https://bessatsu-bunshun.com/n/nd67c4f1ac49f

【出演者情報】

 
 

〈有栖川有栖さん〉 

1959年、大阪府生まれ。同志社大学法学部卒業。89年『月光ゲーム』でデビュー。2003年『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、08年『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞小説部門、18年「火村英生シリーズ」で第3回吉川英治文庫賞を受賞。本格ミステリ作家クラブ初代会長。

臨床犯罪学者・火村英生と推理作家・有栖川有栖(アリス)コンビが活躍する「火村英生シリーズ」は根強い人気を誇り、火村を斎藤工が、アリスを窪田正孝が演じたドラマ版も話題に。『捜査線上の夕映え』は「火村シリーズ」最新長編として待望された一作。

一穂ミチさんの著作
一穂ミチさんの著作

〈一穂ミチさん〉

2007年、『雪よ林檎の香のごとく』でデビュー。ボーイズラブ小説を中心に作品を発表して読者の絶大な支持を集める。主な著書に『ふったらどしゃぶりWhen it rains, it pours』、「イエスかノーか半分か」シリーズ、「新聞社」シリーズなど。21年、『スモールワールズ』が第165回直木賞候補に。同作は2022年本屋大賞にもノミネート。近刊に『パラソルでパラシュート』『砂嵐に星屑』がある。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

別冊文藝春秋をフォロー