昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

自身では「業界の干物女」と言っていた伊織だったが…?

 伊織もその熱愛報道後、YouTubeチャンネル内で2人の熱愛の話題に触れた後、自身の恋愛感についても語っていた。

〈けんきさんはうちの事務所のえなこちゃんがいるからね。(略)。私はプロゲーマーとの付き合いはよく言われるけど正直ないな。この界隈で誰かとコミュニケーションを蜜にとってっていうことが一切なくて(略)本当に仕事をしているか配信をしているかどっちかだから。仕事して寝て配信して仕事して寝て配信して…をずっとやっているから。業界の干物女だから。『干物もえ』です〉

 実際、伊織はラジオ放送や撮影などの仕事以外、1日の大半を自宅で過ごすことが多いという。だが「干物女」と語る伊織の隣には、長年公私にわたり伊織を支え続けたマネージャーのA氏が存在していた。

伊織(右)の前を歩きながらマンションに入るマネージャーのA氏  ©文藝春秋 撮影:細田忠

「大柄で物腰も柔らかく、伊織より10歳年上のAさんは、メジャーになる以前から伊織と行動を共にして、彼女を支えていた。カメラが趣味で昔は他のコスプレイヤーの撮影会にも参加していた。伊織が現在の事務所に移籍する以前の個人事務所時代から裏方をこなし、マネージャーのように現場に同行している。今でもカメラマンとして写真を撮影することもあります。

 2人が恋仲なのは昔から業界では有名だったので、A氏に伊織と交際をしているか直接聞いたこともあるのですが、その時はうやむやな答えしか返ってきませんでした」(コスプレ業界関係者) 

郊外にある伊織のマンションで過ごす2人

 都心から1時間以上離れた郊外にある海岸沿いの高層ファミリーマンション。その上層階には、伊織が3年前に引っ越してきた部屋がある。A氏は伊織の部屋の合鍵を持ち、仕事の無い日も連日朝まで過ごしていた。伊織本人が不在でもマンションを出入りする姿も取材班は確認した。

同凄する部屋を出入りするA氏と伊織
同凄する部屋を出入りするA氏と伊織
同凄する部屋を出入りするA氏と伊織
同凄する部屋を出入りするA氏と伊織

 また、2人は同マンションの中層階にも別に一部屋を借りている。こちらは倉庫として使用しているようだ。

同凄する部屋を出入りするA氏と伊織
同凄する部屋を出入りするA氏と伊織

 A氏がスタッフと荷物を運びこむ姿もみられたが、生活の基盤は伊織が住む部屋だった。A氏は、日常的に食材や生活道具を購入すると、決まって伊織の部屋へと入っていった。

z