昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

日本ハムの低迷に鳴らした警鐘

 近年は頭をそり上げ、ハット姿で球場に足を運ぶことが多かった今成氏。

「鋭い眼光とべらんめえ口調の低い声は迫力十分で、若手記者はビビってました。でも、球場に多く足を運んで顔なじみになると、気さくに話しかけてくれるようになるんです」(同前)

 日本ハムは「スカウティングと育成」を掲げて躍進してきたが、近年は低迷。清宮幸太郎や吉田輝星ら鳴り物入りで入団した若手の伸び悩みに苦しんでいる。

 そんな状況について今成氏は最近、「清宮も吉田も1年目から一軍でチャンスを貰っているが、与えられることに慣れてしまっている。このままじゃダメだよ。自分でチャンスを掴ませないと、選手が必死にならないんだ」と球団の育成方針に警鐘を鳴らしていた。

新庄監督 ©文藝春秋

 一方で新庄剛志監督には大きな期待を寄せ、キャンプ中には「こっちから見ていたら、めちゃくちゃ選手も元気で、今年はやったろうという気持ちがあるね」と激励していたという。

 何よりの手向けは、6年ぶりのペナントだ。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z