昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「握手会は地獄」「キスはバクテリアを交換する行為」カムカム・本郷奏多の“潔癖”がすごい

 NHK朝ドラ『カムカムエヴリバディ』で、大部屋俳優・五十嵐文四郎を演じる本郷奏多(かなた)(31)。生意気で無愛想。ちょっと癖が強い役どころだが、素顔の彼も“癖”が……。

本郷奏多

◆ ◆ ◆

5歳で芸能活動を開始、11歳で俳優デビュー

 NHK関係者が言う。

「死体役を演じるため、五十嵐が地面に横たわって練習するシーンがありますが、彼自身もセットの隅や前室で死体の練習をしていました。すると、劇中同様、川栄(李奈)さんが『何してるんですか?』と突っ込んでいた。現場でも川栄さんとの相性はバッチリです」

ひなた役の川栄李奈

 本郷が芸能活動を始めたのは5歳の時だ。地元・仙台のモデル事務所に所属し、02年に11歳で俳優デビュー。その3年後に、映画『HINOKIO』で初主演を果たす。秋山貴彦監督が当時の様子を振り返る。

興味があるものを聞くと「お金かなぁ」

「1000人ほどの子役をオーディションしたのですが、彼の演技は飛び抜けていた。大人に取り入ろうとする子役が多い中、彼だけはさばさばしていて、作った感じが全くない。メイキング映像のインタビューでも、興味があるものを聞くと、『お金かなぁ』と子供らしからぬ答えが返ってきたり。結局、彼のコメントは7割くらい使えなかった(笑)」

 06年には実写映画『テニスの王子様』で主役の越前リョーマを演じた。アベユーイチ監督が明かす。

「3カ月間、テニスの特訓をしましたが、奏多君は運動神経が抜群。テニスのコーチも『彼は世界を狙えるぞ』と言っていました」

五十嵐文四郎を演じる本郷奏多 NHK朝ドラ『カムカムエヴリバディ』より

 以降も『GANTZ』や『進撃の巨人』など多くの実写化作品に出演している。

「アニメに登場するキャラクターのような独特な孤立感、ナイーブさを彼は持っている。だからこそ作品に馴染むし、役になることができるのです」(同前)